ストリートバイクの王道、TW200E!!

※今回写真をご提供して頂いたのはバイク屋さんのオートプラウザウチ様です。心より感謝致します。

TW200Eは、排気量196ccの単気筒エンジンを積んだストリートバイクです。1997年のベストセラー車のTW200の派生モデルとして、1998年~2001年にヤマハが販売していたバイクです。2017年現在は、中古車の購入だけが可能です。

1990年代の後半~2000年代の前半に、当時の渋谷系と呼ばれる若者に大流行したスカチューンブーム(可能な限り、外装やバッテリー、その他の部品を取り外し、スカスカの車体にすること。)の火付け役となったのが、TW200です。

さらに、SMAPの木村拓哉さんと常磐貴子さんが主演のドラマ(2000年放送)、『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』で、木村拓哉さんが演じる主人公の『沖島柊二』の愛車として使用されたことで、再ブームになりました。

Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜↓

作中でなんども登場する『キック始動』が、かっこいいんですよね。こんなドラマを見たら、TW200が欲しくなるに決まっています。大ヒットするわけです。

このページでは、TW200Eを徹底的に解説します。

目次

※当ページは、簡単にスペックで比較し、筆者の独断と偏見で書かれています。また、バイクはスペックだけで善し悪しを判断することは出来ませんので、参考程度にお読み下さい。

各項目毎にコメント欄がありますので、実際にTW200Eに乗った事のあるライダー様のコメントをお待ちしております。

バイクの加速性能は、パワーウェイトレシオを指標にすると分かり易いです。

パワーウェイトレシオとは、バイクの車両重量(kg)を最高出力(ps)で割った値です。

つまり、1ps(馬力)が負担する重量を表します。この値が小さいバイクほど、加速性能が良いと考えられます。

TW200Eの車両重量は128kg、最高出力は16psなので、

128 ÷ 16 = 8

TW200Eのパワーウェイトレシオは8です。

250ccバイク69車種の平均のパワーウェイトレシオは6.4です。

69車種の平均と比べると、TW200Eの加速力は、「なかなか遅い」ことが分かります。

69車種中では、52番目の加速性能です。

加速力を求める人には、少し物足りないかもです。

コメント一覧

TW200Eの最高速度を計算します。バイクの最高速度(km/h)は、

a×60÷b÷c÷d×(e×25.4+f×g/100×2)×3.14÷1,000,000

  • a : 最高出力のエンジン回転数(rpm)
  • b : 1次減速比
  • c : 2次減速比
  • d : トップギアの変速比
  • e : ホイール径(inch)
  • f : タイヤの幅(mm)
  • g : 扁平率(%)

上記の計算式で求められます。

正確には、走行抵抗やライダーの体重を考慮する必要がありますが、本サイトでは、簡易的に計算しています。

上記の計算式で、TW200Eの最高速度を計算すると、

8000×60÷3.318÷3.214÷0.821×(14×25.4+180×80/100×2)×3.14÷1,000,000 = 111

TW200Eの理論上の最高速度は、111km/hです。

TW200Eユーザーの、ネットへの書き込みを調べたところ、「最高速度は120km/h前後だった」――。との書き込みが多かったです。

以上のことから、TW200Eの最高速度は、120km/h前後だと考えられます。

250ccバイク69車種の最高速度の平均は、141km/hでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

69車種の平均と比べると、TW200Eの最高速度は、「とても遅い」ことが分かります。

それでも、高速道路の法定速度は出せます。十分ですよね・・・?

コメント一覧

TW200Eの車両重量は128kgです。250ccバイク69車種の車両重量の平均は154kgです。

69車種の平均と比べると、TW200Eの車重は「ずば抜けて軽い」ことが分かります。免許の教習のときに、教習車を引き起こすのに苦労した人におすすめです。

TW200Eのシート高は790mmです。250ccバイク69車種の平均のシート高は768mmです。

69車種の平均と比べると、TW200Eのシート高は「平均的な」ことが分かります。足つき性は問題なさそうです。

TW200Eの最大トルクの回転数は7000rpmです。最大トルクの回転数とは、そのバイクの、最大の、力強い走行性能を発揮する回転数のことです。

250ccバイク69車種の最大トルクの回転数の平均は、7380rpmです。

69車種の平均と比べると、TW200Eの最大トルクの回転数は、「平均的な」ことが分かります。

TW200Eのエンジンは、7000rpmで最大の力強さを出力します。

通常、街中を走行するときは、7000rpm前後の低回転を頻繁に使用します。

以上のことから、取り回し性がとても良く、足つき性が普通、街乗り走行で十分な力強さを出せるエンジンのTW200Eは、街乗り走行に向いているバイクです。

バイクの使用用途が街乗りメインの人には、おすすめです。

コメント一覧

高速道路の走行で、重要なのは、 以下の3項目です。

  • 高速道路の法定速度は、100km/hなので、高回転なエンジンであること
  • 横風に負けないように、車両重量が重いこと
  • 横風に負けないように、シート高が低いこと

TW200Eは、先ほど、最大トルクの回転数が、「平均的なエンジン」で、「ずば抜けて軽い車両重量」、「平均的なシート高」だと説明しました。

以上のことから、TW200Eは、高速道路の走行に、「向いていない」ことが分ります。

このバイクでの高速道路の走行は、とても気合が必要です。(笑)

コメント一覧
王道!! スカチューン仕様。」――カスタムされたTW200Eです↓

スカチューンカスタムのTW200Eです。マフラーとタンデムバー、メーター周りなどをカスタムしていますが、TW200Eの本来の良さを残した、シンプルで上品なカスタムですね。上の動画を見ると、TW200Eでの2人乗りは、窮屈そうですね(^^;)

ちなみに、TW200Eは純正車にもタコメーターは付いていないです。マニュアル車なのにタコメーターがないのは、ちょっと残念です。

コメント一覧

峠を攻めるには、加速性能ブレーキ性能旋回性能が重要です。1つずつ見ていきます。

|加速性能

加速と減速を頻繁に繰り返す峠道を速く走るには、加速性能が優れていることが絶対条件です。

先程、TW200Eの加速力は、250ccバイクの中では、「なかなか遅い」ことを説明しました。峠を攻めるのには、完全に加速性能が足りません。

|ブレーキ性能

峠道を攻めるには的確な減速が必要です。そのためには、ブレーキのコントロール性能が重要になります。

バイクのブレーキには、ダブルディスク、シングルディスク、ドラムブレーキがあります。

下の表は、250ccバイクの、前輪、後輪のブレーキの組み合わせです。

番号 前輪後輪コントロール性能
(a)ダブルディスクシングルディスク 良い
(b)シングルディスクシングルディスク 普通
(c)シングルディスクドラム 悪い

コントロール性能が良いブレーキの組み合わせは、

(a) > (b) > (c) の順番になります。

TW200Eのブレーキの組み合わせは、(c) です。

TW200Eのブレーキのコントロール性能は、「悪い」ことが分かります。

|旋回性能

急カーブの続く峠道を走行するには、旋回性能が重要になります。ここでは、2つの指標を使って、TW200Eの旋回性能を調べます。

1.トレール量

トレール量とは、ステアリングヘッドの延長線が地面に当たる点と、タイヤの接地点、この2点の距離です。

トレール量が大きいと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

TW200Eのトレール量は96mmです。250ccバイク69車種の平均のトレール量は、99mmです。

69車種の平均と比べると、TW200Eのトレール量は、「平均的な」ことが分かります。

2.ホイールベース

ホイールベースとは前輪の中心から後輪の中心までの長さです。

ホイールベースが長いと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

TW200Eのホイールベースは1330mmです。250ccバイク69車種の平均のホイールベースは1426mmです。

69車種の平均と比べると、TW200Eのホイールベースは、「ずば抜けて短い」ことが分かります。

平均的なトレール量ずば抜けて短いホイールベースを持つTW200Eの旋回性能は、250ccバイクとしては「良い」ことが分かります。

以上のことから、TW200Eの峠走行をまとめると、

  • 加速性能 ⇒ 峠を攻めるのには、完全に加速性能が足りません。
  • ブレーキ性能 ⇒ 悪い
  • 旋回性能 ⇒ 良い

TW200Eは、峠走行にあまり向いていないバイクと言えます。

峠を攻めたいなら、他のバイクをお勧めします。

コメント一覧

TW200Eのエンジンは、「単気筒、4ストローク」です。単気筒エンジンは、部品点数が少なく、構造が簡単なため、メンテナンス時の部品代、工賃が安く済みます。

TW200Eの最終年式は、2002年です。生産終了後、15年も経過しています。もはや、旧車の部類に入るでしょう。購入後、間違いなく、不具合が多発するでしょう。バイクの整備は自分でやる(やりたい)、ちょっとした不具合なら治せる(治したい)、人以外にはお勧め出来ないです。

TW200Eの燃費をネットの書き込みで調べたところ、30km/l前後でした。250ccバイク69車種の燃費の平均は、28km/lでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

69車種の平均と比べると、TW200Eの燃費は、「平均的な」ことが分かります。

250ccバイクとしては、それなりの燃費ですね。

以上のことからTW200Eの維持費は、「平均的な」ことが解ります。

コメント一覧

|総合評価

項目評価
加速性能 3点/10
最高速度 2点/10
街乗り走行 14点/20
高速道路の走行 8点/20
峠走行 8点/20
維持費 12点/20
総合評価 47点/100

TW200Eは、スポーツ走行や高速ツーリングなどは苦手ですが、街乗り走行には、最適です。走行性能よりは、ファッション性を重視したバイクですね。

生産終了から10年以上経過した現在でも、ストリートバイクの王道は、やはり、TW200Eだと思います。中古車相場もとても安いのでおすすめです。

コメント一覧

最後に・・・

バイク購入は、見た目で決めましょう!!

自分がカッコいいと思ったバイクに乗るのが一番です。他人のバイクを批判する人の意見は無視しましょう。

|参考スペック

車種名TW200E
メーカーヤマハ
タイプストリート
エンジン単気筒(4ストローク)
総排気量(cc)196
ミッションMT
最高出力(ps/rpm)16/8000
最大トルク(kgf・m/rpm)1.52/7000
車両重量(kg)128
タンク容量(L)7
シート高(mm)790
トレール量(mm)96
ホイールベース(mm)1330
ブレーキ(前輪)シングルディスク
ブレーキ(後輪)ドラム
1次減速比3.318
2次減速比3.214
変速比(5速)0.821
ホイール径(inch)14
タイヤの幅(mm)180
扁平率(%)80
年式2001年4月