ちょっと古くさい?レトロなビッグスクーター、フュージョン!!

※フュージョンの画像、募集中です。当サイトにあなたのフュージョンの画像を載せさせて頂けないでしょうか?
お問い合わせをお待ちしております。

フュージョンは、排気量244ccの単気筒エンジンを積んだビッグスクーターです。ホンダが1985年~1996年、2003年~2007年に販売していたバイクで、2017年現在は、中古車の購入だけが可能です。

フュージョンの紹介動画です↓

個性派ですよね、フュージョンは。ローロングなスタイルで、前から見たときの新幹線のようなデザイン、スクーターなのに後輪にフットブレーキを採用していたりで。

個性派なので、好き嫌いも、はっきりと分かれるバイクです。「なにこのペシャンコバイク?」――と馬鹿にする人もいますし、「レトロなデザインが最高!」――という熱狂的なファンも多いです。男性よりも、どちらかといえば、女性に人気のあるイメージです。足つき性が良く、2人乗りが快適なことが、女性に人気の理由です。

このページでは、フュージョンを徹底的に解説します。

目次

※当ページは、簡単にスペックで比較し、筆者の独断と偏見で書かれています。また、バイクはスペックだけで善し悪しを判断することは出来ませんので、参考程度にお読み下さい。

各項目毎にコメント欄がありますので、実際にフュージョンに乗った事のあるライダー様のコメントをお待ちしております。

バイクの加速性能は、パワーウェイトレシオを指標にすると分かり易いです。

パワーウェイトレシオとは、バイクの車両重量(kg)を最高出力(ps)で割った値です。

つまり、1ps(馬力)が負担する重量を表します。この値が小さいバイクほど、加速性能が良いと考えられます。

フュージョンの車両重量は169kg、最高出力は19psなので、

169 ÷ 19 = 8.9

フュージョンのパワーウェイトレシオは8.9です。

250ccバイク69車種の平均のパワーウェイトレシオは6.4です。

69車種の平均と比べると、フュージョンの加速力は、「とても遅い」ことが分かります。

69車種中では、61番目の加速性能です。

加速力を求める人には、不満なバイクです。のんびり走りたい人以外は、別のバイクを選びましょう。

コメント一覧

フュージョンユーザーの、ネットへの書き込みを調べたところ、「最高速度は120km/h前後だった」――。との書き込みが多かったです。

以上のことから、フュージョンの最高速度は、120km/h前後だと考えられます。

250ccバイク69車種の最高速度の平均は、141km/hでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

69車種の平均と比べると、フュージョンの最高速度は、「とても遅い」ことが分かります。

それでも、高速道路の法定速度は出せます。十分ですよね・・・?

コメント一覧

フュージョンの車両重量は169kgです。250ccバイク69車種の車両重量の平均は154kgです。

69車種の平均と比べると、フュージョンの車重は「少し重い」ことが分かります。とはいっても、取り回しに困る程の重さではないです。

フュージョンのシート高は665mmです。250ccバイク69車種の平均のシート高は768mmです。

69車種の平均と比べると、フュージョンのシート高は「ずば抜けて低い」ことが分かります。小柄な(背の低い)人におすすめです。

フュージョンの最大トルクの回転数は5000rpmです。最大トルクの回転数とは、そのバイクの、最大の、力強い走行性能を発揮する回転数のことです。

250ccバイク69車種の最大トルクの回転数の平均は、7380rpmです。

69車種の平均と比べると、フュージョンの最大トルクの回転数は、「ずば抜けて速い」ことが分かります。

フュージョンのエンジンは、5000rpmで最大の力強さを出力します。

通常、街中を走行するときは、7000rpm前後の低回転を頻繁に使用します。

以上のことから、取り回し性が悪く、足つき性がとても良く、街乗り走行で本領を発揮する低回転を得意とするエンジンのフュージョンは、街乗り走行に向いているバイクです。

バイクの使用用途が街乗りメインの人には、おすすめです。

コメント一覧

高速道路の走行で、重要なのは、 以下の3項目です。

  • 高速道路の法定速度は、100km/hなので、高回転なエンジンであること
  • 横風に負けないように、車両重量が重いこと
  • 横風に負けないように、シート高が低いこと

フュージョンは、先ほど、最大トルクの回転数が、「ずば抜けて速いエンジン」で、「少し重い車両重量」、「ずば抜けて低いシート高」だと説明しました。

以上のことから、フュージョンは、高速道路の走行に、「それなりに向いている」ことが分ります。

高速道路の走行でも、十分に活躍してくれます。

コメント一覧

おしゃれなフュージョン!!」――カスタムされたフュージョンです↓

フュージョン+ワインレッドの外装は定番のカスタムです。メッキパーツやLEDウィンカーで装飾したスタイルは、女性の人気もあります。ビッグスクーターは、見た目をカスタムするのも、楽しみの1つです。

コメント一覧

峠を攻めるには、加速性能ブレーキ性能旋回性能が重要です。1つずつ見ていきます。

|加速性能

加速と減速を頻繁に繰り返す峠道を速く走るには、加速性能が優れていることが絶対条件です。

先程、フュージョンの加速力は、250ccバイクの中では、「とても遅い」ことを説明しました。峠を攻めるのには、完全に加速性能が足りません。

|ブレーキ性能

峠道を攻めるには的確な減速が必要です。そのためには、ブレーキのコントロール性能が重要になります。

バイクのブレーキには、ダブルディスク、シングルディスク、ドラムブレーキがあります。

下の表は、250ccバイクの、前輪、後輪のブレーキの組み合わせです。

番号 前輪後輪コントロール性能
(a)ダブルディスクシングルディスク 良い
(b)シングルディスクシングルディスク 普通
(c)シングルディスクドラム 悪い

コントロール性能が良いブレーキの組み合わせは、

(a) > (b) > (c) の順番になります。

フュージョンのブレーキの組み合わせは、(c) です。

フュージョンのブレーキのコントロール性能は、「悪い」ことが分かります。

|旋回性能

急カーブの続く峠道を走行するには、旋回性能が重要になります。ここでは、2つの指標を使って、フュージョンの旋回性能を調べます。

1.トレール量

トレール量とは、ステアリングヘッドの延長線が地面に当たる点と、タイヤの接地点、この2点の距離です。

トレール量が大きいと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

フュージョンのトレール量は90mmです。250ccバイク69車種の平均のトレール量は、99mmです。

69車種の平均と比べると、フュージョンのトレール量は、「少し小さい」ことが分かります。

2.ホイールベース

ホイールベースとは前輪の中心から後輪の中心までの長さです。

ホイールベースが長いと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

フュージョンのホイールベースは1625mmです。250ccバイク69車種の平均のホイールベースは1426mmです。

69車種の平均と比べると、フュージョンのホイールベースは、「とても長い」ことが分かります。

少し小さいトレール量とても長いホイールベースを持つフュージョンの旋回性能は、250ccバイクとしては「普通である」ことが分かります。

以上のことから、フュージョンの峠走行をまとめると、

  • 加速性能 ⇒ 峠を攻めるのには、完全に加速性能が足りません。
  • ブレーキ性能 ⇒ 悪い
  • 旋回性能 ⇒ 普通である

フュージョンは、峠走行にあまり向いていないバイクと言えます。

峠を攻めたいなら、他のバイクをお勧めします。

コメント一覧

フュージョンのエンジンは、「単気筒、4ストローク」です。単気筒エンジンは、部品点数が少なく、構造が簡単なため、メンテナンス時の部品代、工賃が安く済みます。

フュージョンの最終年式は、2007年です。生産終了後、10年経過しているので、エンジンや電装関係、駆動機構、車体、サスペンション、制動装置など、どれも劣化してしまっている中古車しか購入することが出来ません。購入後、オイル漏れ、エンジンからの異音などの不具合が多発することが予想されるので、自分でバイクのメンテナンスをする、もしくは、アフターサービスの良いバイク屋さんで購入することをお勧めします。

フュージョンの燃費をネットの書き込みで調べたところ、25km/l前後でした。250ccバイク69車種の燃費の平均は、28km/lでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

69車種の平均と比べると、フュージョンの燃費は、「平均的な」ことが分かります。

250ccバイクとしては、それなりの燃費ですね。

以上のことからフュージョンの維持費は、「平均的な」ことが解ります。

コメント一覧

|総合評価

項目評価
加速性能 2点/10
最高速度 2点/10
街乗り走行 16点/20
高速道路の走行 12点/20
峠走行 6点/20
維持費 12点/20
総合評価 50点/100

フュージョンは、走行性能や収納力を他の250ccビッグスクーターと比べると、すごく見劣りしてしまいます。しかし、その分、中古市場の価格が安いです。フュージョンの一番の特徴としては、乗りやすい。この一言に尽きます。普段の足として使うのであれば、フュージョンは、とてもおすすめです。

コメント一覧

最後に・・・

バイク購入は、見た目で決めましょう!!

自分がカッコいいと思ったバイクに乗るのが一番です。他人のバイクを批判する人の意見は無視しましょう。

|参考スペック

車種名フュージョン
メーカーホンダ
タイプスクーター
エンジン単気筒(4ストローク)
総排気量(cc)244
ミッションAT
最高出力(ps/rpm)19/7500
最大トルク(kgf・m/rpm)2.1/5000
車両重量(kg)169
タンク容量(L)12
シート高(mm)665
トレール量(mm)90
ホイールベース(mm)1625
ブレーキ(前輪)シングルディスク
ブレーキ(後輪)ドラム
1次減速比0
2次減速比0
変速比(0速)0
ホイール径(inch)10
タイヤの幅(mm)120
扁平率(%)90
年式2003年2月