最終更新日:

初心者向け「250ccフルカウルバイク」、CBR250R!!

※今回写真をご提供して頂いたのはバイク屋さんのオートプラウザウチ様です。心より感謝致します。

CBR250Rは、スポーツバイクのような見た目のツアラーです!!

フルカウルバイクですが軽量でスリムな車体は、初心者にも運転しやすいです。

このページでは、CBR250Rを徹底的に解説します。

目次

※当ページは、簡単にスペックで比較し、筆者の独断と偏見で書かれています。また、バイクはスペックだけで善し悪しを判断することは出来ませんので、参考程度にお読み下さい。

各項目毎にコメント欄がありますので、実際にCBR250Rに乗った事のあるライダー様のコメントをお待ちしております。

バイクの加速性能は、パワーウェイトレシオを指標にすると分かり易いです。

パワーウェイトレシオとは、バイクの車両重量(kg)を最高出力(ps)で割った値です。

つまり、1ps(馬力)が負担する重量を表します。この値が小さいバイクほど、加速性能が良いと考えられます。

CBR250Rの車両重量は161kg、最高出力は29psなので、

161 ÷ 29 = 5.6

CBR250Rのパワーウェイトレシオは5.6です。

250ccバイク70車種の平均のパワーウェイトレシオは6.3です。

70車種の平均と比べると、CBR250Rの加速力は、「少し速い」ことが分かります。

70車種中では、30番目の加速性能です。

250ccクラスの加速力は、十分に味わえます。

【バイク 車種別 加速・最高速動画集 ~HONDA編~】

“バリオス1型160まで出るんやが??”

“これは早いのか?運転が下手なのか?”

“HONDA CBR 250RR MC22 GOOD BIKE NEXST SALL SRILANKA”

“300規制の299キロ表示... 純正で300出る公認自動車 これだからバイクはやめられない”

“台灣的hornet250欸”

“日本語ありがとうございます。 何が素晴らしいオートバイを作ります!!!! ロシアからこんにちは”

“タイヤバーストしろっ!”

“ホンダでも特に売れたVT系がないのは悲しい…”

“オンロードマシン ばかりやんな! オフにも速いマシンは存在する! 4ストマシンでは、 たかが知れてるが・・・ 2ストマシンなら、 相当速いマシンが存在! 「CRM250R」「RMX250」 「DT200WR」「KDX250SR」 出足、瞬発力なら 2ストオフは相当速い! 2ストモトクロッサー 迄、比較対象に持ち出すなら ロードマシンすら凌駕する! まぁ 2ストモトクロッサーを 持ち出すのは「反則」以外の 何物でも無いですが・・・ 究極のオフマシンなら ロードマシンにも 勝ち目は有るかと・・・(笑)。 「CR500」「RM500」 「YZ500」「KX500」 辺りですかね! 400cc~800ccクラスの 4st単気筒等も、 結構パンチが効いた加速力、 瞬発力が有りそう! 何も速いのは 「4気筒」ばかりに限った 話じゃ無いって事です。 「最高速」なら、いざ知らず、 「加速力」「瞬発力」なら 4気筒じゃ無くても  「速い」バイクは存在する。 ピックアップ、レスポンス・・・ バイクは、 スピード(最高速) だけじゃ無い。 レスポンス (加速力、瞬発力)も魅力的。 バイクにスピードを求める ライダーも居る。 一方でバイクに 加速力、瞬発力を求める ライダーも居る。 俺は後者の方!(笑)。 スピード(最高速)は 現実的じゃ無い。 仮に法規を無視したとしても、 一体ストリートの 何処で出すのさ❔ やっぱり、 加速力と瞬発力だよ! あくまで俺個人の独断と偏見(笑)。 勿論反対意見は有るかと思う。 だから俺個人の 「独断と偏見」なんだよ!”

“よくキロ数出てて捕まらないなわら 恐らく不特定の人だったら、捕まえるのも無理か”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

CBR250Rの最高速度を計算します。バイクの最高速度(km/h)は、

a×60÷b÷c÷d×(e×25.4+f×g/100×2)×3.14÷1,000,000

  • a : 最高出力のエンジン回転数(rpm)
  • b : 1次減速比
  • c : 2次減速比
  • d : トップギアの変速比
  • e : ホイール径(inch)
  • f : タイヤの幅(mm)
  • g : 扁平率(%)

上記の計算式で求められます。

正確には、走行抵抗やライダーの体重を考慮する必要がありますが、本サイトでは、簡易的に計算しています。

上記の計算式で、CBR250Rの最高速度を計算すると、

9000×60÷2.807÷2.571÷1.038×(17×25.4+140×70/100×2)×3.14÷1,000,000 = 142

CBR250Rの理論上の最高速度は、142km/hです。

CBR250Rユーザーの、ネットへの書き込みを調べたところ、「最高速度は150km/h前後だった」――。との書き込みが多かったです。

以上のことから、CBR250Rの最高速度は、150km/h前後だと考えられます。

250ccバイク70車種の最高速度の平均は、141km/hでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

70車種の平均と比べると、CBR250Rの最高速度は、「少し速い」ことが分かります。

250ccバイクとしては、十分な最高速度ですね。

コメント一覧

CBR250Rの車両重量は161kgです。250ccバイク70車種の車両重量の平均は154kgです。

70車種の平均と比べると、CBR250Rの車重は「平均的な」ことが分かります。400ccと比べて、250ccバイクの車両重量の軽さは、魅力的ですよね。

CBR250Rのシート高は780mmです。250ccバイク70車種の平均のシート高は768mmです。

70車種の平均と比べると、CBR250Rのシート高は「平均的な」ことが分かります。足つき性は問題なさそうです。

CBR250Rの最大トルクの回転数は7500rpmです。最大トルクの回転数とは、そのバイクの、最大の、力強い走行性能を発揮する回転数のことです。

250ccバイク70車種の最大トルクの回転数の平均は、7439rpmです。

70車種の平均と比べると、CBR250Rの最大トルクの回転数は、「平均的な」ことが分かります。

CBR250Rのエンジンは、7500rpmで最大の力強さを出力します。

通常、街中を走行するときは、7000rpm前後の低回転を頻繁に使用します。

以上のことから、取り回し性が普通、足つき性が普通、街乗り走行で十分な力強さを出せるエンジンのCBR250Rは、街乗り走行にそれなりに向いているバイクです。

バイクの使用用途が街乗りメインの人には、おすすめです。

コメント一覧

高速道路の走行で、重要なのは、 以下の3項目です。

  • 高速道路の法定速度は、100km/hなので、高回転なエンジンであること
  • 横風に負けないように、車両重量が重いこと
  • 横風に負けないように、シート高が低いこと

CBR250Rは、先ほど、最大トルクの回転数が、「平均的なエンジン」で、「平均的な車両重量」、「平均的なシート高」だと説明しました。

以上のことから、CBR250Rは、高速道路の走行に、「それなりに向いている」ことが分ります。

高速道路の走行でも、十分に活躍してくれます。

コメント一覧
No.1
2019/11/06 14:14
通りすがりのバイク乗り

CBR250Rは現行のバイクなので、カスタムパーツが豊富です。

CBR250Rをカスタムした記事がネットでたくさん出回っているので、参考にしながらカスタムするといいですね。

カスタムされたCBR250Rの動画です↓

WR’Sの社外マフラーとカスタムペイントがされてますね。

正直、めちゃくちゃカッコイイです!!笑

【【CBR250R】モリワキ マフラー交換 取り付け【harapeko akashima】】

“中間パイプって純正のじゃないと無理ですかね?”

“素晴らしいサウンドです”

“参考になります”

“アールズギアのマフラーも主さんのモリワキと同じく、ぴったりできなかったんですけど、無理やり曲げて大丈夫でしたか?”

“主イケメンやな イケメンライダーやん”

“始めまして、バイクデビューしようかと最近思ってます!(^-^ いい動画ありがとうございます。”

“わかりやすかった。良かった。”

“わかりやすかった。良かった。”

“up主さんのバイクはCBR250R250R前期型ですよね?このモリワキのマフラーはCBR250R後期型にも取り付け可能ですか?”

“CBR250R mc41後期黒なんですが、タンデムステップ下のボルトが硬すぎて、付属品の六角レンチでも全く動かず、半なめ状態です…。動画主さんはすぐ外れましたか??全然外れないんですけど…自分。”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧
No.2
2018/04/02 07:36
運営者
コメントありがとうございます。CBR250Rは、単気筒エンジンですが、カウルが付いているし、単気筒エンジンの中では、高回転よりのエンジンなので、高速道路もそれなりに走れると思いますよ(^^)/僕が高校生ぐらいの時に発売されたバイクで、当時、友達が乗ってましたが、その友達も普通に高速道路走ってましたから。「CBR250R 1000キロ走ってみて感想」という記事を見つけました。参考になると思うので、URLを貼っておきますね。http://silverwing.xrea.jp/cbr250r_fi/025_1000k/
No.1
2018/04/02 00:31
通りすがりのバイク乗り
これからバイクを買いたいと思っていたんですが高速道路には向いてないなどの書き込みを見てまじかーと思っていましたが、150キロ出せれば十分かな〜と思いました!

峠を攻めるには、加速性能ブレーキ性能旋回性能が重要です。1つずつ見ていきます。

|加速性能

加速と減速を頻繁に繰り返す峠道を速く走るには、加速性能が優れていることが絶対条件です。

先程、CBR250Rの加速力は、250ccバイクの中では、「少し速い」ことを説明しました。峠を攻めるのに、最低限必要な加速性能を持っています。

|ブレーキ性能

峠道を攻めるには的確な減速が必要です。そのためには、ブレーキのコントロール性能が重要になります。

バイクのブレーキには、ダブルディスク、シングルディスク、ドラムブレーキがあります。

下の表は、250ccバイクの、前輪、後輪のブレーキの組み合わせです。

番号 前輪後輪コントロール性能
(a)ダブルディスクシングルディスク 良い
(b)シングルディスクシングルディスク 普通
(c)シングルディスクドラム 悪い

コントロール性能が良いブレーキの組み合わせは、

(a) > (b) > (c) の順番になります。

CBR250Rのブレーキの組み合わせは、(b) です。

CBR250Rのブレーキのコントロール性能は、「普通である」ことが分かります。

|旋回性能

急カーブの続く峠道を走行するには、旋回性能が重要になります。ここでは、2つの指標を使って、CBR250Rの旋回性能を調べます。

1.トレール量

トレール量とは、ステアリングヘッドの延長線が地面に当たる点と、タイヤの接地点、この2点の距離です。

トレール量が大きいと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

CBR250Rのトレール量は98mmです。250ccバイク70車種の平均のトレール量は、98mmです。

70車種の平均と比べると、CBR250Rのトレール量は、「平均的な」ことが分かります。

2.ホイールベース

ホイールベースとは前輪の中心から後輪の中心までの長さです。

ホイールベースが長いと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

CBR250Rのホイールベースは1380mmです。250ccバイク70車種の平均のホイールベースは1425mmです。

70車種の平均と比べると、CBR250Rのホイールベースは、「なかなか短い」ことが分かります。

平均的なトレール量なかなか短いホイールベースを持つCBR250Rの旋回性能は、250ccバイクとしては「良い」ことが分かります。

以上のことから、CBR250Rの峠走行をまとめると、

  • 加速性能 ⇒ 峠を攻めるのに、最低限必要な加速性能を持っています。
  • ブレーキ性能 ⇒ 普通である
  • 旋回性能 ⇒ 良い

CBR250Rは、峠走行に向いているバイクと言えます。

250ccバイクで、峠を攻めたい人にはおすすめです。

【真夏!初見の峠ツーリングでまさかの… CBR1000RR Fireblade SP CBR250R motovlog】

“夏場、早朝は好きですけど昼に近づく程に暑そうですね〜”

“ミラーがいい感じに仕事してますね笑”

“見た事がある景色だなと思ったら地元だったわ。笑笑”

“お疲れ様です!”

“9:32”

“9:30 ┗(@ロ@;)┛うわぁ!!www”

“かわいそうですけど良い場所でカメラ構えてましたね(^^)”

“僕もブレーキレバーが魔法使いになってます”

“しゃべりながら走ってるから、注意散漫でこけるんやろ。車とちゃうからな。”

“ダラダラ~・・コケて・・更に後編(笑)”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

CBR250Rのエンジンは、「単気筒、4ストローク」です。単気筒エンジンは、部品点数が少なく、構造が簡単なため、メンテナンス時の部品代、工賃が安く済みます。

CBR250Rの最終年式は、2017年です。生産終了後、2年しか経過していないので、良質な中古車が多く出回っています。よほど外れの車両でなければ、購入後の不具合は少なく済むでしょう。

CBR250Rの燃費をネットの書き込みで調べたところ、30km/l前後でした。250ccバイク70車種の燃費の平均は、28km/lでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

70車種の平均と比べると、CBR250Rの燃費は、「平均的な」ことが分かります。

250ccバイクとしては、それなりの燃費ですね。

以上のことからCBR250Rの維持費は、「安い」ことが解ります。

バイク保険のおすすめは?バイク保険の選び方とバイク保険を安くする方法

コメント一覧
総合評価
項目評価
加速性能
最高速度
街乗り走行
高速道路の走行
峠走行
維持費
総合評価 67点

CBR250Rは街乗り、ツーリングなどでゆっくり走りたい人、燃費や購入後の維持費を気にする人にはぴったりなバイクですね。

このバイクの一番の購入の決め手は、カッコいい見た目じゃないですかね?

コメント一覧

最後に・・・

バイク購入は、見た目で決めましょう!!

自分がカッコいいと思ったバイクに乗るのが一番です。他人のバイクを批判する人の意見は無視しましょう。

バイク乗りの「ぶっちゃけご意見」をお聞かせください↓

「アンケートフォーム(バイクって実際どうよ??)」

参考スペック
車種名CBR250R
メーカーホンダ
タイプフルカウル
エンジン単気筒(4ストローク)
総排気量(cc)249
ミッションMT
最高出力(ps/rpm)29/9000
最大トルク(kgf・m/rpm)2.3/7500
車両重量(kg)161
タンク容量(L)13
シート高(mm)780
トレール量(mm)98
ホイールベース(mm)1380
ブレーキ(前輪)シングルディスク
ブレーキ(後輪)シングルディスク
1次減速比2.807
2次減速比2.571
変速比(6速)1.038
ホイール径(inch)17
タイヤの幅(mm)140
扁平率(%)70
年式2014年4月

Karukuna(かるくな)
--2019年1月2日リリース--

ツーリング前に必ずチェックしたいWEBアプリ!!

バイクをレンタルコンテナに保管する

バイクの保管場所に困っているバイク乗りにおすすめしたいのが、レンタルコンテナでバイクを保管するという選択です。 私自身、現在、愛車のSR400をレンタルコンテナで保管しています。