フルカウルなのに気軽に乗れるのが良い!! YZF-R15

※YZF-R15の画像、募集中です。当サイトにあなたのYZF-R15の画像を載せさせて頂けないでしょうか?
お問い合わせをお待ちしております。

このページでは、YZF-R15を徹底的に解説します。

目次

※当ページは、簡単にスペックで比較し、筆者の独断と偏見で書かれています。また、バイクはスペックだけで善し悪しを判断することは出来ませんので、参考程度にお読み下さい。

各項目毎にコメント欄がありますので、実際にYZF-R15に乗った事のあるライダー様のコメントをお待ちしております。

バイクの加速性能は、パワーウェイトレシオを指標にすると分かり易いです。

パワーウェイトレシオとは、バイクの車両重量(kg)を最高出力(ps)で割った値です。

つまり、1ps(馬力)が負担する重量を表します。この値が小さいバイクほど、加速性能が良いと考えられます。

YZF-R15の車両重量は134kg、最高出力は16.6psなので、

134 ÷ 16.6 = 8.1

YZF-R15のパワーウェイトレシオは8.1です。

250ccバイク69車種の平均のパワーウェイトレシオは6.4です。

69車種の平均と比べると、YZF-R15の加速力は、「なかなか遅い」ことが分かります。

69車種中では、56番目の加速性能です。

加速力を求める人には、少し物足りないかもです。

【YAMAHA YZF-R15 reached 150km/h】

“r15 can reach 150 easily bro no need to modify it. mine 220cc it takes some minute to reach but r15 is a motorcycle that can reach...”

“vaya fake video mana ride kiya ha. top speed 130 kmh”

“vaya fake video mana ride kiya ha.”

“How to purchase the sprocket”

“Bhai Daytona sprocket ko kaise kharide”

“ตั้งแต่8ปีที่แล้ว อยู่ประเทศอะไร”

“its fake,,,”

“what is the ECU”

“but can it beat my underbone 135CC standard modified version with carburetor? XD”

“幹,一樣150,就是屌打國慘 屌打國慘屌打國慘屌打國慘”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

YZF-R15の最高速度を計算します。バイクの最高速度(km/h)は、

a×60÷b÷c÷d×(e×25.4+f×g/100×2)×3.14÷1,000,000

  • a : 最高出力のエンジン回転数(rpm)
  • b : 1次減速比
  • c : 2次減速比
  • d : トップギアの変速比
  • e : ホイール径(inch)
  • f : タイヤの幅(mm)
  • g : 扁平率(%)

上記の計算式で求められます。

正確には、走行抵抗やライダーの体重を考慮する必要がありますが、本サイトでは、簡易的に計算しています。

上記の計算式で、YZF-R15の最高速度を計算すると、

8500×60÷3.042÷3.133÷0.84×(17×25.4+130×70/100×2)×3.14÷1,000,000 = 123

YZF-R15の理論上の最高速度は、123km/hです。

YZF-R15ユーザーの、ネットへの書き込みを調べたところ、「最高速度は130km/h前後だった」――。との書き込みが多かったです。

以上のことから、YZF-R15の最高速度は、130km/h前後だと考えられます。

250ccバイク69車種の最高速度の平均は、141km/hでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

69車種の平均と比べると、YZF-R15の最高速度は、「少し遅い」ことが分かります。

250ccバイクの最高速度としては、すこし物足りないですね。

コメント一覧

YZF-R15の車両重量は134kgです。250ccバイク69車種の車両重量の平均は154kgです。

69車種の平均と比べると、YZF-R15の車重は「とても軽い」ことが分かります。免許の教習のときに、教習車を引き起こすのに苦労した人におすすめです。

YZF-R15のシート高は800mmです。250ccバイク69車種の平均のシート高は768mmです。

69車種の平均と比べると、YZF-R15のシート高は「少し高い」ことが分かります。小柄な(背の低い)人は足つき性が気になるかもしれません。

YZF-R15の最大トルクの回転数は7500rpmです。最大トルクの回転数とは、そのバイクの、最大の、力強い走行性能を発揮する回転数のことです。

250ccバイク69車種の最大トルクの回転数の平均は、7380rpmです。

69車種の平均と比べると、YZF-R15の最大トルクの回転数は、「平均的な」ことが分かります。

YZF-R15のエンジンは、7500rpmで最大の力強さを出力します。

通常、街中を走行するときは、7000rpm前後の低回転を頻繁に使用します。

以上のことから、取り回し性がとても良く、足つき性が悪く。、街乗り走行で十分な力強さを出せるエンジンのYZF-R15は、街乗り走行にそれなりに向いているバイクです。

バイクの使用用途が街乗りメインの人には、おすすめです。

コメント一覧

高速道路の走行で、重要なのは、 以下の3項目です。

  • 高速道路の法定速度は、100km/hなので、高回転なエンジンであること
  • 横風に負けないように、車両重量が重いこと
  • 横風に負けないように、シート高が低いこと

YZF-R15は、先ほど、最大トルクの回転数が、「平均的なエンジン」で、「とても軽い車両重量」、「少し高いシート高」だと説明しました。

以上のことから、YZF-R15は、高速道路の走行に、「向いていない」ことが分ります。

このバイクでの高速道路の走行は、とても気合が必要です。(笑)

コメント一覧

【Cafe Racer (Royal Enfield and Yamaha YZF R15 by Inline3 Custom Motorcycles )】

“Aap ne yea gadi kha se banayai plzzz tell me”

“Houwe ”

“YO BRO YOU DID AWOSM WORK.. WELDONE....”

“How did u reach to him”

“why no helmet..”

“This is an awesome build.. I like this very❤️❤️❤️”

“i am not sure that these labours are suitable for the '' cafe racer '' concept.”

“nice job guy's loved ur bike”

“https://youtu.be/Av-e5Xyqt7E”

“hindustan zindabad”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

峠を攻めるには、加速性能ブレーキ性能旋回性能が重要です。1つずつ見ていきます。

|加速性能

加速と減速を頻繁に繰り返す峠道を速く走るには、加速性能が優れていることが絶対条件です。

先程、YZF-R15の加速力は、250ccバイクの中では、「なかなか遅い」ことを説明しました。峠を攻めるのには、完全に加速性能が足りません。

|ブレーキ性能

峠道を攻めるには的確な減速が必要です。そのためには、ブレーキのコントロール性能が重要になります。

バイクのブレーキには、ダブルディスク、シングルディスク、ドラムブレーキがあります。

下の表は、250ccバイクの、前輪、後輪のブレーキの組み合わせです。

番号 前輪後輪コントロール性能
(a)ダブルディスクシングルディスク 良い
(b)シングルディスクシングルディスク 普通
(c)シングルディスクドラム 悪い

コントロール性能が良いブレーキの組み合わせは、

(a) > (b) > (c) の順番になります。

YZF-R15のブレーキの組み合わせは、(b) です。

YZF-R15のブレーキのコントロール性能は、「普通である」ことが分かります。

|旋回性能

急カーブの続く峠道を走行するには、旋回性能が重要になります。ここでは、2つの指標を使って、YZF-R15の旋回性能を調べます。

1.トレール量

トレール量とは、ステアリングヘッドの延長線が地面に当たる点と、タイヤの接地点、この2点の距離です。

トレール量が大きいと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

YZF-R15のトレール量は98mmです。250ccバイク69車種の平均のトレール量は、99mmです。

69車種の平均と比べると、YZF-R15のトレール量は、「平均的な」ことが分かります。

2.ホイールベース

ホイールベースとは前輪の中心から後輪の中心までの長さです。

ホイールベースが長いと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

YZF-R15のホイールベースは1345mmです。250ccバイク69車種の平均のホイールベースは1426mmです。

69車種の平均と比べると、YZF-R15のホイールベースは、「とても短い」ことが分かります。

平均的なトレール量とても短いホイールベースを持つYZF-R15の旋回性能は、250ccバイクとしては「良い」ことが分かります。

以上のことから、YZF-R15の峠走行をまとめると、

  • 加速性能 ⇒ 峠を攻めるのには、完全に加速性能が足りません。
  • ブレーキ性能 ⇒ 普通である
  • 旋回性能 ⇒ 良い

YZF-R15は、峠走行にそれなりに向いているバイクと言えます。

峠走行もそれなりに楽しむことができるバイクです。

【定峰峠、上り。YZF-R125!】

“アクセルワークが慎重な感じで 好感がもてます。”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

YZF-R15のエンジンは、「単気筒、4ストローク」です。単気筒エンジンは、部品点数が少なく、構造が簡単なため、メンテナンス時の部品代、工賃が安く済みます。

YZF-R15の最終年式は、2017年です。2017年現在、新車で買うことが出来ます。すべての部品が新品の最高の状態なので、すぐに交換が必要な部品はなく、最低限のメンテナンスの費用で済みます。

YZF-R15の燃費をネットの書き込みで調べたところ、40km/l前後でした。250ccバイク69車種の燃費の平均は、28km/lでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

69車種の平均と比べると、YZF-R15の燃費は、「ずば抜けて良い」ことが分かります。

燃費がずば抜けて良いので、ガソリン代は安く済みますね。

以上のことからYZF-R15の維持費は、「とても安い」ことが解ります。

コメント一覧
総合評価
項目評価
加速性能
最高速度
街乗り走行
高速道路の走行
峠走行
維持費
総合評価 55点
コメント一覧

最後に・・・

バイク購入は、見た目で決めましょう!!

自分がカッコいいと思ったバイクに乗るのが一番です。他人のバイクを批判する人の意見は無視しましょう。

参考スペック
車種名YZF-R15
メーカーヤマハ
タイプフルカウル
エンジン単気筒(4ストローク)
総排気量(cc)149
ミッションMT
最高出力(ps/rpm)16.6/8500
最大トルク(kgf・m/rpm)1.49/7500
車両重量(kg)134
タンク容量(L)12
シート高(mm)800
トレール量(mm)98
ホイールベース(mm)1345
ブレーキ(前輪)シングルディスク
ブレーキ(後輪)シングルディスク
1次減速比3.042
2次減速比3.133
変速比(6速)0.84
ホイール径(inch)17
タイヤの幅(mm)130
扁平率(%)70
年式2012年