レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用して感じたメリット・デメリット

私は現在、レンタルコンテナバイクの駐車場として利用しています。

レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用することになったきっかけは、現愛車の「SR400」を購入するときに、自宅にバイクの駐車場がなかったためです。

この記事にたどり着いたみなさんも、自宅にバイクの駐車場がないなどの理由で、レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用することを検討しているのではないのでしょうか?

私もレンタルコンテナを借りる前は、レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用することについて、インターネットでたくさん調べました。

しかし、インターネットで検索してみても、レンタルコンテナをバイクの駐車場として実際に利用している人の情報(参考になる情報)がとても少なかったことを覚えています。

そこで、この記事では、昔の私の様に、レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用することを検討中のみなさんの参考になればと、実際に私がレンタルコンテナをバイクの駐車場として利用していて感じているメリット・デメリットについて書いています。

そして、最後に、

レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用することを「おすすめする人」、「おすすめしない人

についても書いています。

是非、参考にしてみてください。

レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用するメリット

まずは、私が実際にレンタルコンテナをバイクの駐車場として利用して感じているメリットをあげてみます。

盗難やイタズラから大切なバイクを守れる

レンタルコンテナは、「個別収納」+「堅牢な南京錠で施錠する」ため、自分以外の人が、そのスペースに立ち入ることは出来ません。

なので、大切なバイクを盗難やイタズラから守ることが出来ます。

もしかしたら、完全武装した窃盗団には破られてしまうかも知れませんが、少なくとも、ヤンキーによるイタズラや窃盗などからは、守られます。

近隣住民とトラブルがなくなる

私は、以前住んでいたマンションの共有駐車場で、ビッグスクーターを駐車していたことがあります。

もちろん、マンションの管理者に許可を貰っていました。

しかし、ある日、そのマンションに住んでいる他の住民から、こんな苦情を受けました。

ビッグスクーターが大きくて邪魔だったせいで、それを避けようとして、車を壁に擦ってしまった!!(#゚Д゚)

結局、こちら側に非はなかったので、とくに賠償などはしませんでしたが、それ以降、その住民とは気まずい関係になってしまいました・・・

その他にも、バイクのマフラーを交換していたので、バイクの音がうるさいなどと苦情を言われることもありました(直接言わない人も内心はうるさいと思っていると思います)。

バイクが邪魔で車を擦ってしまったと言う苦情は別として、近隣住民からバイクの音がうるさいと思われることは、こちら側に非があることは明らかです。

なので、当時は、家の近くに行ったら、早めにエンジンを切るなど、周りの迷惑にならないように、結構気をつかっていました。

しかし、レンタルコンテナバイクの駐車場として利用している今は、近隣住民とのトラブルは、一切ありませんし、近隣住民に気をつかう必要もありません。

私は、レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用する1番のメリットは、この、「近隣住民とのトラブルがなくなる」ことだと思っています。

ちなみに、東洋経済新聞に、こんな記事がありました。

「もめやすいご近所トラブル」ランキング

1位 騒音 45.9%
2位 挨拶 25.9%
3位 車や駐車場の使い方 21.5%
4位 タバコのマナー 19.3%
5位 ペットの飼育やマナー14.8%
6位 ゴミの分別や出し方 13.3%
7位 玄関前や廊下などの共有部の使い方 12.6%
8位 タバコを除く異臭 8.1%
9位 覗きなどの嫌がらせ 5.9%
10位 バルコニーなど共有部での植物の育て方 5.2%

出典: Toyo Keizai Inc

もめやすいご近所トラブル」ランキングの、1位に「騒音」、3位に「車や駐車場の使い方」が入っています。

このランキングを見て分かるとおり、バイクを自宅に置くことは、近隣住民とのトラブルのリスクを上げることなのです。

近隣住民とのトラブルは、非常にストレスが溜まり、ヒートアップしやすいため、とても危険です。

せっかくの楽しいはずのバイクライフが台無しになりかねません。

なので、レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用することは、近隣住民とのトラブルがなくなるとういう点で、非常に大きなメリットになります。

雨風から大切なバイクを守れる

レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用していれば、完全にバイクを室内保管することになるので、バイクカバー不要で、雨風から大切なバイクを守ることが出来ます。

バイクを屋外の駐車場に保管している場合は、台風や雪が降ったときに、バイクのことがすごく心配(バイクが倒れてしまってないかなど・・・)になりますが、レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用していれば、その心配をする必要もなくなります。

工具やバイク用品もコンテナに入れられるため、自宅に荷物が増えない

 

「ヘルメット」や「工具」などのバイク用品をレンタルコンテナに全て収納することで、自分専用のバイクガレージとして、レンタルコンテナを使用することが出来ます。

私は、自宅に物が増えるのが嫌なタイプなので、バイク関連の荷物は全てレンタルコンテナに収納することにしています。

なので、自宅に荷物が増えないことがとても嬉しいです。

少し大きめのレンタルコンテナを借りれば、バイクの駐車場と物置場を兼ねて使用することもできますしね。

バイク有りきの生活でなくなる

これは、バイク乗りあるあるだと思うのですが、バイクに乗り出すと、大抵の人は、バイク有りきの生活になると思います。

「服装」から「休日の過ごし方」まで、バイクに乗ること有りきで考えてしまうのです。

これは、楽しい趣味に没頭していて、とても素敵なことなのですが、それにより、他の選択肢を狭めてしまうというデメリットがあると私は思っています。

例えば、私の場合、バイク有りきの生活になると、休日に出掛ける場所は、自然の多い田舎が多くなり、都会に出掛けることは少なくなりますし、さらに、いつもバイクで行動していると、見た目の清潔感を気にしなくなってしまいます。

しかし、バイクの駐車場にレンタルコンテナを利用すると、すぐにバイクに乗ることは出来ないため(私が借りているレンタルコンテナは、自宅から歩いて25分ほどの場所にあるため)、バイク有りきの生活にはなりません。

これは、後ほど、デメリットとしてもあげますが、バイクに乗るのにある程度の手間が掛かると、バイクに乗る目的(ツーリング先)を決めてから、バイクに乗るので、バイクに無駄(目的なしに)に乗ることがなくなります。

そうすると、バイクで楽しむ生活と、バイク以外で楽しむ生活にメリハリが出来るため、バイクに乗ることがよりいっそう楽しくなります。

先週は、電車で都内に遊びに行ったから、今週はバイクで、海に行こう!

など。

これは、賛否両論あると思いますが、私自身は、「バイクで楽しむ生活」と「バイク以外で楽しむ生活」のメリハリがある、今の生活を気に入っています。

レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用するデメリット

続いて、私が実際にレンタルコンテナをバイクの駐車場として利用して感じているデメリットをあげてみます。

お金が掛かる

バイクの駐車場として利用するためのレンタルコンテナの月々の費用は、こちらの記事(バイク用にレンタルコンテナを借りる!初期費用と月額料金は○○円!)で詳しく書いていますが、大体「1万円前後」です。

青空(月極)バイク駐車場を借りた場合の月々の費用は、大体「4千円前後」なので、それと比べると、出費は大きいです。

私の場合、大切なバイクを屋外に保管することは考えられないので、出費については、割り切っています。(^_^;

すぐにバイクに乗れない

私が今借りているレンタルコンテナの場所は、自宅から歩いて25分ほどの場所にあります。

そのため、バイクに乗るためには、25分間歩かなければいけません(自転車or原付を買えばその必要はなくなりますが・・・)。

私の場合、バイクを利用する頻度は、休日にツーリングへ行くため(週に1回ほど)ですので、25分間歩いたとしても、そこまで苦になりません。

しかし、バイクを普段の通勤、通学に使う人にとっては、これは、致命的なデメリットになります。

ちなみにレンタルコンテナからバイクを出し入れする際は、ラダーレールという道具を使用します。

参考までに下の動画をご覧下さい。


※上記の動画は、私が、SR400をレンタルコンテナから出し入れしている様子を撮ったものです。

レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用することを「おすすめする人」、「おすすめしない人」

ここまでで、レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用するメリットとデメリットの両方を見てきました。

私のように、バイクの利用頻度が週1回程度の人には、レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用することは、とてもおすすめ出来ると思います。

ただし、毎日の通勤、通学にバイクを利用している人には、レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用することは向いていませんので、別のバイクの保管方法を選択した方が良いでしょう。

バイクを保管するためのレンタルコンテナの選び方おすすめのコンテナ会社さんの紹介は、こちらの記事でしていますので、是非参考にして見てください。↓

バイクを保管するためのレンタルコンテナ選びのポイントとおすすめは?

Follow me!

2 thoughts on “レンタルコンテナをバイクの駐車場として利用して感じたメリット・デメリット

  1. GB海苔 より:

    同じ会社のとこで借りてるけどそのレンタルラダーレールは出し入れするとき転倒の危険性がかなり高いのでおすすめしない毎回心臓に悪い
    段差が20cm以内ならホームセンターで売ってる3000円ぐらいのプラスチック製段差プレートが簡単で安全に出し入れできるからおすすめ

    1. 管理人 より:

      GB乗り様、コメントありがとうございます。
      確かに、高さが合うならプラスチック製段差プレートの方が安定しそうですね。
      値段も安いですし。
      僕も、はじめは、プラスチック製段差プレートの使用を検討していたのですが、コンテナ場近くのホームセンターには、高さが合う物がなかったので、今のラダーレールを使用しています。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です