バイク用にレンタルコンテナを借りる!初期費用と月額料金は○○円!

「自宅にバイクの駐車場がない!」

「それでもバイクに乗りたい!」

そんなこんなで、私は、レンタルコンテナを借りて、そこに愛車の「SR400」を保管しています。

この記事を読んで頂いているみなさんも、私と同じように、

「自宅にバイクの駐車場がないけれど、バイクに乗りたい!」

「バイクの保管場所として、レンタルコンテナを借りようかな・・・」

などと、お考え中なのではないでしょうか?

そして、バイクを保管するためのレンタルコンテナを借りる際の1番の気掛かりが、

レンタルコンテナを借りると、どれくらいの費用が掛かるのか?

と言うことだと思います。

そこで、この記事では、実際に私が、SR400を保管しているレンタルコンテナを借りたときに掛かった「初期費用」と、現在支払っている「月額料金」を公開しています。

これから、レンタルコンテナを借りることを検討している人は、是非、参考にしてみて下さい。

私がバイクを保管しているレンタルコンテナのサイズと立地は?

まず始めに、私がバイクを保管しているレンタルコンテナの「サイズ」と「立地」を見てみましょう。

コンテナのサイズ 3畳
(185cm*230cm*230cm)
(幅・奥行き・高さ)
立地 最寄り駅から徒歩25分ほど

 

私が借りているレンタルコンテナの「サイズ」は、「3畳」です。

3畳サイズのコンテナにバイクを保管すると、このようになります↓

上の画像を見ての通り、「3畳」のコンテナの場合、バイクを1台保管するだけでは、スペースに、まだまだ余裕があります。

多くの人が、バイクを保管するために借りるレンタルコンテナの大きさは、「2畳」を選んでいると思いますが(実際、2畳で十分な広さ)、私は、今後、バイク以外の荷物を収納する予定なので、大きめの「3畳」のコンテナを借りています。

そして、このレンタルコンテナの立地は、駅から歩いて25分ほどの場所にあります。

私の家からも、歩いて25分ほど掛かりますので、毎週末、バイクでツーリングに行くときは、まずコンテナまで25分歩き、そこから出発しています。

夏の時期は、ちょっと辛いですね(^_^;

コンテナまで、自転車で行けば楽なのですが、自転車持ってないし、自転車を買いに行くのが面倒で、レンタルコンテナを借りてから、今までずっと歩いています。

そのため、バイクに乗るためにコンテナまで歩く生活には大分慣れました(健康に良い??笑)。

ちなみに、レンタルコンテナが、駅の近くや、自宅の目の前にあることは少ないです。

なので、歩くのが嫌な人は、

レンタルコンテナまで、「自転車or原付」で行く

レンタルコンテナに保管しているバイクを出す。

「自転車or原付」をレンタルコンテナに入れる。

バイクで出発する。

という流れがベストだと思います。

バイクを保管しているレンタルコンテナの初期費用と月額利用料は?

レンタルコンテナを借りると、住宅の賃貸と同じように、「初期費用」と「月額利用料」が掛かります。

では、私がバイクを保管しているレンタルコンテナの「初期費用」と「月額利用料」を見てみましょう。

「初期費用」

事務手数料 9,900円
鍵買取料 4,320円
日割使用料(当月) 4,290円
使用料(翌月) 9,900円
管理費(当月) 2,160円
管理費(翌月) 2,160円
安心保証パック 540円
合計 33,270円

 

私がバイクを保管しているレンタルコンテナの「初期費用」は、「33,270円」でした。(※ 実際は、「キャンペーン割引」を利用したので、これよりもはるかに安い費用で借りています。「キャンペーン割引」については、後ほど説明します。

初期費用のそれぞれの項目について、見てみましょう。

事務手数料

賃貸物件の契約にはお馴染みの事務手数料。

レンタルコンテナを契約の際にも事務手数料が掛かります。

私が借りたレンタルコンテナ会社さんでは、レンタルコンテナの使用料(賃料)1ヶ月分、「9,900円」が事務手数料として、初期費用に加えられています。

鍵買取料

レンタルコンテナのシャッターは、「南京錠」で施錠されています。

そのため、レンタルコンテナの契約者が変わると、「南京錠」を新しくする必要があり、新しい「南京錠」の代金、「4,320円」が初期費用に加えられています。

日割り使用料(開始月)

私がレンタルコンテナを借りたときの利用開始日が、月の途中でしたので、開始月の日割りの使用料(賃料)、「4,290円」が初期費用に加えられています。

使用料(翌月)

レンタルコンテナの翌月の使用料(賃料)、「2,160円」が初期費用に加えられています。

管理費(開始月)

賃貸物件の契約にはお馴染みの管理費です。開始月の管理費、「2,160円」が初期費用に加えられています。

管理費(翌月)

翌月の管理費、「2,160円」も初期費用に加えられています。

安心保証パック

安心保証パックは、「月額540円」を支払うことで、解約時に掛かる室内整備料の「8,640円」が無料になったり、年5回までの鍵の紛失時の費用を無料にしてくれる保証パックです。

こちらの加入は、任意ですが、私は加入したので、初期費用に「540円」が加えられています。

レンタルコンテナを借りる際の予算に「初期費用」を入れることも忘れずに・・・

レンタルコンテナを借りる際の「初期費用」は「33,270円」、住宅の賃貸の「初期費用」と比べると安いですが、「初期費用」が掛かることを知らずにいると、想定外の出費で、予算が足りなくなるかもしれません。

あらかじめ、このぐらいの「初期費用」が掛かることを想定し、レンタルコンテナを借りる際の予算に「初期費用」を含めておきましょう。

「月額利用料」

使用料 9,900円
管理費 2,160円
安心保証パック 540円
合計 12,600円

 

私が毎月支払っているレンタルコンテナの「月額利用料」は、「12,600円」です。(※ 実際は、「キャンペーン割引」を利用したので、これよりもはるかに安い費用で借りています。「キャンペーン割引」については、後ほど説明します。

レンタルコンテナの「月額利用料」は、「使用料(賃料) + 管理費 + 安心保証パック料」になっています。

私の場合、バイクを保管するには、少し大きめの3畳タイプのレンタルコンテナを借りているため、月額利用料は「12,600円」掛かっていますが、3畳より小さいタイプのレンタルコンテナを借りた場合は、もっと「月額利用料」を安くすることが出来ます。

バイクを保管するためのレンタルコンテナの「月額利用料」の相場は、「10,000円」前後?

レンタルコンテナの「月額利用料」は、立地や、コンテナの大きさにより変動しますが、バイクを保管するためのレンタルコンテナの「月額利用料」は、大体、「10,000円」ほどであると考えておきましょう。

ハローストレージの「キャンペーン割引」でレンタルコンテナをお得に借りれた?

 

ここまででご紹介した、レンタルコンテナを借りたときの「初期費用」と「月額利用料」は、レンタルコンテナ会社のハローストレージで、通常時に借りた場合の料金です。

ですが、私は、この通常時の費用に比べて、遙かに安い費用で、レンタルコンテナを借りています。

なぜ、遙かに安い費用で、レンタルコンテナを借りれたのかというと、ハローストレージを含む、一部のコンテナ会社さんでは、「3ヶ月間の賃料無料キャンペーン」や、「12ヶ月間の賃料半額キャンペーン」、「初期費用無料キャンペーン」などの割引キャンペーンを随時行っていて、この「キャンペーン割引」を利用したからです。

私は、ハローストレージというコンテナ会社さんで、「6ヶ月間賃料半額割引」と「事務手数料無料割引」「WEB申込割引」、を利用し、コンテナを借りました。

キャンペーン割引適用後の実際の「初期費用」と「月額利用料」は、下のようになりました。

キャンペーン割引適用後の「初期費用」

事務手数料 9,900円
事務手数料無料割引 -9,900円
鍵買取料 4,320円
日割使用料(当月) 4,290円
6ヶ月間賃料半額割引 -2,145円
使用料(翌月) 9,900円
6ヶ月間賃料半額割引 -4,950円
管理費(当月) 2,160円
管理費(翌月) 2,160円
安心保証パック 540円
WEB申込割引 -3,000円
合計 13,275円

キャンペーン割引適用後の「月額利用料」

使用料 9,900円
6ヶ月間賃料半額割引 -4,950円
管理費 2,160円
安心保証パック 540円
合計 7,650円

 

初期費用は、「33,270円」 ⇒ 「13,275円

月額利用料は、6ヶ月の間、「12,600円」 ⇒ 「7,650円

キャンペーン割引を利用することで、こんなにもお得にレンタルコンテナを借りることが出来ました。

みなさんも、レンタルコンテナを借りる際は、複数のコンテナ会社さんのサイトをチェックし、自宅の近くに、キャンペーン割引が適用されている物件がないかをチェックしてみることをおすすめします。

バイクを保管するためのレンタルコンテナの選び方おすすめのコンテナ会社さんの紹介は、こちらの記事でしていますので、是非参考にして見てください。↓

バイクを保管するためのレンタルコンテナ選びのポイントとおすすめは?

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です