実用性重視の250ccフルサイズ「ネイキッドバイク」、GSR250!!

※今回写真をご提供して頂いたのはバイク屋さんのオートプラウザウチ様です。心より感謝致します。

GSR250は、250ccバイクでは珍しい2気筒エンジンで、2本出しのマフラー、大きめの車体で高級感のあるデザインが特徴的なバイクです!!

多機能デジタルメーターが充実しているのも嬉しい仕様です。

  • 何速に入っているかを表示するギアポジションインジケータ
  • 変速のタイミングをランプの点滅・点灯で示すエンジン回転インジケータ
  • オイル交換時期を知らせるメンテナンスインジケータ

このページでは、GSR250を徹底的に解説します。

目次

バイクの加速性能は、パワーウェイトレシオを指標にすると分かり易いです。

パワーウェイトレシオとは、バイクの車両重量(kg)を最高出力(ps)で割った値です。

つまり、1ps(馬力)が負担する重量を表します。この値が小さいバイクほど、加速性能が良いと考えられます。

GSR250の車両重量は183kg、最高出力は24psなので、

183 ÷ 24 = 7.6

GSR250のパワーウェイトレシオは7.6です。

250ccバイク68車種の平均のパワーウェイトレシオは6.4です。

68車種の平均と比べると、GSR250の加速力は、「少し遅い」ことが分かります。

68車種中では、47番目の加速性能です。

加速力を求める人には、少し物足りないかもです。

GSR250の最高速度を計算します。バイクの最高速度(km/h)は、

a×60÷b÷c÷d×(e×25.4+f×g/100×2)×3.14÷1,000,000

  • a : 最高出力のエンジン回転数(rpm)
  • b : 1次減速比
  • c : 2次減速比
  • d : トップギアの変速比
  • e : ホイール径(inch)
  • f : タイヤの幅(mm)
  • g : 扁平率(%)

上記の計算式で求められます。

正確には、走行抵抗やライダーの体重を考慮する必要がありますが、本サイトでは、簡易的に計算しています。

上記の計算式で、GSR250の最高速度を計算すると、

8500×60÷3.238÷3.285÷0.807×(17×25.4+140×70/100×2)×3.14÷1,000,000 = 117

GSR250の理論上の最高速度は、117km/hです。

GSR250ユーザーの、ネットへの書き込みを調べたところ、「最高速度は140km/h前後だった」――。との書き込みが多かったです。

以上のことから、GSR250の最高速度は、140km/h前後だと考えられます。

250ccバイク68車種の最高速度の平均は、140km/hでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

68車種の平均と比べると、GSR250の最高速度は、「平均的な」ことが分かります。

250ccバイクとしては、それなりの最高速度ですね。

GSR250の車両重量は183kgです。250ccバイク68車種の車両重量の平均は154kgです。

68車種の平均と比べると、GSR250の車重は「なかなか重い」ことが分かります。とはいっても、取り回しに困る程の重さではないです。

GSR250のシート高は780mmです。250ccバイク68車種の平均のシート高は768mmです。

68車種の平均と比べると、GSR250のシート高は「平均的な」ことが分かります。足つき性は問題なさそうです。

GSR250の最大トルクの回転数は6500rpmです。最大トルクの回転数とは、そのバイクの、最大の、力強い走行性能を発揮する回転数のことです。

250ccバイク68車種の最大トルクの回転数の平均は、7326rpmです。

68車種の平均と比べると、GSR250の最大トルクの回転数は、「少し低い」ことが分かります。

GSR250のエンジンは、6500rpmで最大の力強さを出力します。

通常、街中を走行するときは、7000rpm前後の低回転を頻繁に使用します。

以上のことから、取り回し性が悪く、足つき性が普通、街乗り走行を得意とするエンジンのGSR250は、街乗り走行にそれなりに向いているバイクです。

バイクの使用用途が街乗りメインの人には、おすすめです。

高速道路の走行で、重要なのは、 以下の3項目です。

  • 高速道路の法定速度は、100km/hなので、高回転なエンジンであること
  • 横風に負けないように、車両重量が重いこと
  • 横風に負けないように、シート高が低いこと

GSR250は、先ほど、最大トルクの回転数が、「少し低いエンジン」で、「なかなか重い車両重量」、「平均的なシート高」だと説明しました。

以上のことから、GSR250は、高速道路の走行に、「それなりに向いている」ことが分ります。

高速道路の走行でも、十分に活躍してくれます。

GSR250はカスタムをしないで、純正の状態で楽しむバイクだと思います

市販のカスタムパーツも少ないです。

カスタムされたGSR250の動画です↓

BEAMSのチタンマフラーはGSR250の外観によく合ってます!!

こんな感じにシンプルにカスタムするのが良いかもしれませんね。

峠を攻めるには、加速性能ブレーキ性能旋回性能が重要です。1つずつ見ていきます。

|加速性能

加速と減速を頻繁に繰り返す峠道を速く走るには、加速性能が優れていることが絶対条件です。

先程、GSR250の加速力は、250ccバイクの中では、「少し遅い」ことを説明しました。峠を攻めるのには、加速性能が足りません。

|ブレーキ性能

峠道を攻めるには的確な減速が必要です。そのためには、ブレーキのコントロール性能が重要になります。

バイクのブレーキには、ダブルディスク、シングルディスク、ドラムブレーキがあります。

下の表は、250ccバイクの、前輪、後輪のブレーキの組み合わせです。

番号 前輪後輪コントロール性能
(a)ダブルディスクシングルディスク 良い
(b)シングルディスクシングルディスク 普通
(c)シングルディスクドラム 悪い

コントロール性能が良いブレーキの組み合わせは、

(a) > (b) > (c) の順番になります。

GSR250のブレーキの組み合わせは、(b) です。

GSR250のブレーキのコントロール性能は、「普通である」ことが分かります。

|旋回性能

急カーブの続く峠道を走行するには、旋回性能が重要になります。ここでは、2つの指標を使って、GSR250の旋回性能を調べます。

1.トレール量

トレール量とは、ステアリングヘッドの延長線が地面に当たる点と、タイヤの接地点、この2点の距離です。

トレール量が大きいと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

GSR250のトレール量は105mmです。250ccバイク68車種の平均のトレール量は、99mmです。

68車種の平均と比べると、GSR250のトレール量は、「平均的な」ことが分かります。

2.ホイールベース

ホイールベースとは前輪の中心から後輪の中心までの長さです。

ホイールベースが長いと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

GSR250のホイールベースは1430mmです。250ccバイク68車種の平均のホイールベースは1426mmです。

68車種の平均と比べると、GSR250のホイールベースは、「平均的な」ことが分かります。

平均的なトレール量平均的なホイールベースを持つGSR250の旋回性能は、250ccバイクとしては「普通である」ことが分かります。

以上のことから、GSR250の峠走行をまとめると、

  • 加速性能 ⇒ 峠を攻めるのには、加速性能が足りません。
  • ブレーキ性能 ⇒ 普通である
  • 旋回性能 ⇒ 普通である

GSR250は、峠走行にそれなりに向いているバイクと言えます。

峠走行もそれなりに楽しむことができるバイクです。

GSR250のエンジンは、「2気筒、4ストローク」です。2気筒エンジンは、単気筒エンジン程ではないが、メンテナンス時の部品代、工賃が比較的安いです。

GSR250の最終年式は、2017年です。2017年現在、新車で買うことが出来ます。すべての部品が新品の最高の状態なので、すぐに交換が必要な部品はなく、最低限のメンテナンスの費用で済みます。

GSR250の燃費をネットの書き込みで調べたところ、30km/l前後でした。250ccバイク68車種の燃費の平均は、28km/lでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

68車種の平均と比べると、GSR250の燃費は、「平均的な」ことが分かります。

250ccバイクとしては、それなりの燃費ですね。

以上のことからGSR250の維持費は、「安い」ことが解ります。

|総合評価

項目評価
加速性能 4点/10
最高速度 6点/10
街乗り走行 10点/20
高速道路の走行 12点/20
峠走行 10点/20
維持費 16点/20
総合評価 58点/100

GSR250は街乗り、ツーリングなどでゆっくり走りたい人、二人乗りの頻度が多い人、大柄で高級感のあるバイクに乗りたい人、そんなバイク乗りの欲求を満たしてくれるバイクです。

最後に・・・

バイク購入は、見た目で決めましょう!!

自分がカッコいいと思ったバイクに乗るのが一番です。他人のバイクを批判する人の意見は無視しましょう。

|参考スペック

車種名GSR250
メーカースズキ
タイプネイキッド
エンジン2気筒(4ストローク)
総排気量(cc)248
ミッションMT
最高出力(ps/rpm)24/8500
最大トルク(kgf・m/rpm)2.2/6500
車両重量(kg)183
タンク容量(L)13
シート高(mm)780
トレール量(mm)105
ホイールベース(mm)1430
ブレーキ(前輪)シングルディスク
ブレーキ(後輪)シングルディスク
1次減速比3.238
2次減速比3.285
変速比(6速)0.807
ホイール径(inch)17
タイヤの幅(mm)140
扁平率(%)70
年式2014年7月