最終更新日:

実用性重視の250ccフルサイズ「ネイキッドバイク」、GSR250!!

※今回写真をご提供して頂いたのはバイク屋さんのオートプラウザウチ様です。心より感謝致します。

GSR250は、250ccバイクでは珍しい2気筒エンジンで、2本出しのマフラー、大きめの車体で高級感のあるデザインが特徴的なバイクです!!

多機能デジタルメーターが充実しているのも嬉しい仕様です。

  • 何速に入っているかを表示するギアポジションインジケータ
  • 変速のタイミングをランプの点滅・点灯で示すエンジン回転インジケータ
  • オイル交換時期を知らせるメンテナンスインジケータ

このページでは、GSR250を徹底的に解説します。

目次

※当ページは、簡単にスペックで比較し、筆者の独断と偏見で書かれています。また、バイクはスペックだけで善し悪しを判断することは出来ませんので、参考程度にお読み下さい。

各項目毎にコメント欄がありますので、実際にGSR250に乗った事のあるライダー様のコメントをお待ちしております。

バイクの加速性能は、パワーウェイトレシオを指標にすると分かり易いです。

パワーウェイトレシオとは、バイクの車両重量(kg)を最高出力(ps)で割った値です。

つまり、1ps(馬力)が負担する重量を表します。この値が小さいバイクほど、加速性能が良いと考えられます。

GSR250の車両重量は183kg、最高出力は24psなので、

183 ÷ 24 = 7.6

GSR250のパワーウェイトレシオは7.6です。

250ccバイク70車種の平均のパワーウェイトレシオは6.3です。

70車種の平均と比べると、GSR250の加速力は、「少し遅い」ことが分かります。

70車種中では、49番目の加速性能です。

加速力を求める人には、少し物足りないかもです。

【GSR250 0-100Km加速 ヨシムラマフラー】

“これなら維持費安い125の方がマシだな...”

“うちの母ちゃんもカブ乗ってるけど、いつも2速発進してる。”

“現代の規制に合わせて作ってある割に 思ったよりは速いと思います 価格帯からしたら十分満足じゃないでしょうか?”

“9秒で100キロ・・・・速いとはおもわないけで、4ストの250はこんなものかな。 昔、スズキRG250γ(ガンマ)は250の二サイクルで5秒でいったと思います、”

“ビグスクとタイム同じか やっぱり遅いなあ・・・”

“遅い”

“4速で100キロ”

“なぜ2速から発進したのか…”

“0-60km/h takes 4sec, from 60-100km/h takes about 5 sec.   GSR250 is all about mid range torque and 0-60km/h time, it is not a racing bike, it is a city commuter.”

“ローから行ったらもう少し速いかもですね笑 8秒くらいですね...MC41のCBRよりはかかるみたいですね やはり重量でしょうか”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

GSR250の最高速度を計算します。バイクの最高速度(km/h)は、

a×60÷b÷c÷d×(e×25.4+f×g/100×2)×3.14÷1,000,000

  • a : 最高出力のエンジン回転数(rpm)
  • b : 1次減速比
  • c : 2次減速比
  • d : トップギアの変速比
  • e : ホイール径(inch)
  • f : タイヤの幅(mm)
  • g : 扁平率(%)

上記の計算式で求められます。

正確には、走行抵抗やライダーの体重を考慮する必要がありますが、本サイトでは、簡易的に計算しています。

上記の計算式で、GSR250の最高速度を計算すると、

8500×60÷3.238÷3.285÷0.807×(17×25.4+140×70/100×2)×3.14÷1,000,000 = 117

GSR250の理論上の最高速度は、117km/hです。

GSR250ユーザーの、ネットへの書き込みを調べたところ、「最高速度は140km/h前後だった」――。との書き込みが多かったです。

以上のことから、GSR250の最高速度は、140km/h前後だと考えられます。

250ccバイク70車種の最高速度の平均は、141km/hでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

70車種の平均と比べると、GSR250の最高速度は、「平均的な」ことが分かります。

250ccバイクとしては、それなりの最高速度ですね。

コメント一覧

GSR250の車両重量は183kgです。250ccバイク70車種の車両重量の平均は154kgです。

70車種の平均と比べると、GSR250の車重は「なかなか重い」ことが分かります。とはいっても、取り回しに困る程の重さではないです。

GSR250のシート高は780mmです。250ccバイク70車種の平均のシート高は768mmです。

70車種の平均と比べると、GSR250のシート高は「平均的な」ことが分かります。足つき性は問題なさそうです。

GSR250の最大トルクの回転数は6500rpmです。最大トルクの回転数とは、そのバイクの、最大の、力強い走行性能を発揮する回転数のことです。

250ccバイク70車種の最大トルクの回転数の平均は、7439rpmです。

70車種の平均と比べると、GSR250の最大トルクの回転数は、「少し低い」ことが分かります。

GSR250のエンジンは、6500rpmで最大の力強さを出力します。

通常、街中を走行するときは、7000rpm前後の低回転を頻繁に使用します。

以上のことから、取り回し性が悪く、足つき性が普通、街乗り走行を得意とするエンジンのGSR250は、街乗り走行にそれなりに向いているバイクです。

バイクの使用用途が街乗りメインの人には、おすすめです。

コメント一覧

高速道路の走行で、重要なのは、 以下の3項目です。

  • 高速道路の法定速度は、100km/hなので、高回転なエンジンであること
  • 横風に負けないように、車両重量が重いこと
  • 横風に負けないように、シート高が低いこと

GSR250は、先ほど、最大トルクの回転数が、「少し低いエンジン」で、「なかなか重い車両重量」、「平均的なシート高」だと説明しました。

以上のことから、GSR250は、高速道路の走行に、「それなりに向いている」ことが分ります。

高速道路の走行でも、十分に活躍してくれます。

コメント一覧

GSR250はカスタムをしないで、純正の状態で楽しむバイクだと思います

市販のカスタムパーツも少ないです。

カスタムされたGSR250の動画です↓

BEAMSのチタンマフラーはGSR250の外観によく合ってます!!

こんな感じにシンプルにカスタムするのが良いかもしれませんね。

【GSR250(GW250 INAZUMA)インプレッション】

“楽しく見させて頂きました。 ありがとうございます”

“こんにちは( ´ ▽ ` )ノ 同じスクリーン付けました〜♬ マフラーも替え、すこぶる上々です♬ あ、マフラーも一緒だっ! うちはカーボンのにしました。 (#^.^#) シートは4センチダウンの物を使用していますが、150センチのチビなので、車高自体を下げる事にしました。 ドカより扱いやすいし、パワーもそんなに気になりません。 (#^.^#)”

“初めましてです。 ドゥカティ・モンスター400からGSR250に乗り換えました。 とても乗りやすいですよね ( ´ ▽ ` )ノ 150センチのおばちゃんなので、4センチダウンのシートを使用しております…。 GSR好きな方がいると嬉しいです (#^.^#) 私もスクリーンつけようかと思います ( ´ ▽ ` )ノ”

“白ありましたっけ?”

“いいですねGSR。 僕もSUZUKIの中でもだんとつにかっこいいと思っています。 事故には気をつけて、楽しいバイクライフを送ってくださいね!”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

峠を攻めるには、加速性能ブレーキ性能旋回性能が重要です。1つずつ見ていきます。

|加速性能

加速と減速を頻繁に繰り返す峠道を速く走るには、加速性能が優れていることが絶対条件です。

先程、GSR250の加速力は、250ccバイクの中では、「少し遅い」ことを説明しました。峠を攻めるのには、加速性能が足りません。

|ブレーキ性能

峠道を攻めるには的確な減速が必要です。そのためには、ブレーキのコントロール性能が重要になります。

バイクのブレーキには、ダブルディスク、シングルディスク、ドラムブレーキがあります。

下の表は、250ccバイクの、前輪、後輪のブレーキの組み合わせです。

番号 前輪後輪コントロール性能
(a)ダブルディスクシングルディスク 良い
(b)シングルディスクシングルディスク 普通
(c)シングルディスクドラム 悪い

コントロール性能が良いブレーキの組み合わせは、

(a) > (b) > (c) の順番になります。

GSR250のブレーキの組み合わせは、(b) です。

GSR250のブレーキのコントロール性能は、「普通である」ことが分かります。

|旋回性能

急カーブの続く峠道を走行するには、旋回性能が重要になります。ここでは、2つの指標を使って、GSR250の旋回性能を調べます。

1.トレール量

トレール量とは、ステアリングヘッドの延長線が地面に当たる点と、タイヤの接地点、この2点の距離です。

トレール量が大きいと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

GSR250のトレール量は105mmです。250ccバイク70車種の平均のトレール量は、98mmです。

70車種の平均と比べると、GSR250のトレール量は、「平均的な」ことが分かります。

2.ホイールベース

ホイールベースとは前輪の中心から後輪の中心までの長さです。

ホイールベースが長いと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

GSR250のホイールベースは1430mmです。250ccバイク70車種の平均のホイールベースは1425mmです。

70車種の平均と比べると、GSR250のホイールベースは、「平均的な」ことが分かります。

平均的なトレール量平均的なホイールベースを持つGSR250の旋回性能は、250ccバイクとしては「普通である」ことが分かります。

以上のことから、GSR250の峠走行をまとめると、

  • 加速性能 ⇒ 峠を攻めるのには、加速性能が足りません。
  • ブレーキ性能 ⇒ 普通である
  • 旋回性能 ⇒ 普通である

GSR250は、峠走行にそれなりに向いているバイクと言えます。

峠走行もそれなりに楽しむことができるバイクです。

【バイク用品を見て峠を攻めた/GSR250/モトブログ #26】

“洋品店とかいくと欲しいもんしかないですw 昔1000円あたったことあるけど、合格祈願てきなので1個かっただけなので、もう多分宝くじ買わないだろうなぁ・・・ あと、溝の鉄もですけど、昔雨の日の下り坂のカーブで車線変更してしまって、白線ですべってこけたことありますw”

“ライダー殺しの落葉ロードで何度も死にかけてます。そして間もなく凍結ロードの季節です。お金も命もいくらあっても足りませんね:D”

“濡れたマンホールはバイク殺し! わかりますw 落ち葉も危ないですね♪( ´θ`)ノ 無事に帰れてよかったです♪”

“きのぴー&のりえもん!!いいな~♪じい様はきのぴー派ですが^^; 物欲増えますよね~お金は減る一方ですが… どこでセーブするかが…鍵ですよね!! 追記;CB400SF&SB♪中毒になりますよ♪”

“全然腕写ってないやんけ!(笑)”

“ホーネットの話めっちゃわかります!!! 自分がバイクに興味をもったきっかけになったのホーネット乗ってるモトブロガーさんで自分もお金ためてホーネットに乗ろう!!!!!!って思っていたんですけど、中古しかないのを知って変にはずれ引いても嫌だって思いホーネットは諦めました⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ホーネットのあとにCB400sf→CB400sbとほしいバイクが変わって今はSBで落ち着いてます笑 早くほしくてうずうずしてますね(+o+) バイト頑張らないと(+o+) 次の動画も楽しみしてます(*´▽`*)”

“山ガールやな おばちゃんやけど で地味に笑いました笑 和歌山は奈良と似てて見てて面白いです(^ω^)”

“塗る物にもよると思いますが僕は1発目は薄塗り(点々とまだらで薄塗りすぎじゃねって思うぐらいでw) 二発目もまだ塗れてないとこがみえててるぐらいの感じで 3か4発目で塗り残しなく塗って完成でした。 養生テープはベタ塗りして完成って時にスプレー吹いてすぐに取ります。 あくまで自己流なので色々試しながらガンバって下さ〜い*\(^o^)/*”

“オートバックスなら置いてるとこありますが欲しい色が売り切れてたりするんで自分はネットで買いましたw SDESIGNってとこのがメジャー?w っぽいですがぼくは艶有りの黒が欲しかったのでVALFEEのものを買いました。 注)下地処理不要とありますが脱脂はしたほーがいいです。 噴射範囲が広いので養生は大きめに。安物の中華製などは剝がせなくなることがあるのでNGです。 次の動画も楽しみにしてまーす(^○^)”

“落葉は確かに怖いですね。沖縄動画ありますかね?(笑)”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧
No.3
2017/09/06 17:11
通りすがりのバイク乗り
車重の関係でニンジャ250より速くはないです。GSRから見て90キロ辺りまでどっこいどっこいの加速でそれ以降はピークパワーがあるニンジャに少しずつ離される感じです。
No.2
2017/08/26 14:23
運営者
コメントありがとうございます。 GSR250の最高出力回転数の8000rpm付近での加速は、ニンジャ250とかより速いのですね。貴重なご意見ありがとうございます。参考にさせていただきます。
No.1
2017/08/22 16:48
通りすがりのバイク乗り
8000rpm付近ではニンジャ250とかより馬力があります。

GSR250のエンジンは、「2気筒、4ストローク」です。2気筒エンジンは、単気筒エンジン程ではないが、メンテナンス時の部品代、工賃が比較的安いです。

GSR250の最終年式は、2018年です。2018年現在、新車で買うことが出来ます。すべての部品が新品の最高の状態なので、すぐに交換が必要な部品はなく、最低限のメンテナンスの費用で済みます。

GSR250の燃費をネットの書き込みで調べたところ、30km/l前後でした。250ccバイク70車種の燃費の平均は、28km/lでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

70車種の平均と比べると、GSR250の燃費は、「平均的な」ことが分かります。

250ccバイクとしては、それなりの燃費ですね。

以上のことからGSR250の維持費は、「安い」ことが解ります。

コメント一覧
総合評価
項目評価
加速性能
最高速度
街乗り走行
高速道路の走行
峠走行
維持費
総合評価 55点

GSR250は街乗り、ツーリングなどでゆっくり走りたい人、二人乗りの頻度が多い人、大柄で高級感のあるバイクに乗りたい人、そんなバイク乗りの欲求を満たしてくれるバイクです。

コメント一覧

最後に・・・

バイク購入は、見た目で決めましょう!!

自分がカッコいいと思ったバイクに乗るのが一番です。他人のバイクを批判する人の意見は無視しましょう。

参考スペック
車種名GSR250
メーカースズキ
タイプネイキッド
エンジン2気筒(4ストローク)
総排気量(cc)248
ミッションMT
最高出力(ps/rpm)24/8500
最大トルク(kgf・m/rpm)2.2/6500
車両重量(kg)183
タンク容量(L)13
シート高(mm)780
トレール量(mm)105
ホイールベース(mm)1430
ブレーキ(前輪)シングルディスク
ブレーキ(後輪)シングルディスク
1次減速比3.238
2次減速比3.285
変速比(6速)0.807
ホイール径(inch)17
タイヤの幅(mm)140
扁平率(%)70
年式2014年7月