最終更新日:

「オン ・オフ」両用バイク、CRF250L!!

※今回写真をご提供して頂いたのはバイク屋さんのオートプラウザウチ様です。心より感謝致します。

On(日常)を便利に、Off(週末)を楽しむ、ちょうどいい相棒」をキーワードに開発されたCRF250L。

見た目はフルサイズのオフロードバイクですが、オフロード性能に特化したモデルではなく、オンロードでの走行性能も備えたモデルです!!

このページでは、CRF250Lを徹底的に解説します。

目次

※当ページは、簡単にスペックで比較し、筆者の独断と偏見で書かれています。また、バイクはスペックだけで善し悪しを判断することは出来ませんので、参考程度にお読み下さい。

各項目毎にコメント欄がありますので、実際にCRF250Lに乗った事のあるライダー様のコメントをお待ちしております。

バイクの加速性能は、パワーウェイトレシオを指標にすると分かり易いです。

パワーウェイトレシオとは、バイクの車両重量(kg)を最高出力(ps)で割った値です。

つまり、1ps(馬力)が負担する重量を表します。この値が小さいバイクほど、加速性能が良いと考えられます。

CRF250Lの車両重量は143kg、最高出力は23psなので、

143 ÷ 23 = 6.2

CRF250Lのパワーウェイトレシオは6.2です。

250ccバイク70車種の平均のパワーウェイトレシオは6.3です。

70車種の平均と比べると、CRF250Lの加速力は、「平均的な」ことが分かります。

70車種中では、35番目の加速性能です。

250ccバイクとしては、それなりの加速力ですね。

【【モトブログ】CRF250Lってどうなん?/ 質問コーナー#1】

“セロー250乗ってますが、 次乗り換えるとしたらCRF乗りたい ですね(˙꒳​˙ ) 重いとかあれこれ 言われてますが、僕の乗り方には ピッタリのコンセプトかもしれません 謎のエンスト個体やら品質が どうとか噂で聞くので、 少し買う時、年式も考慮して みるのもいいかと思いました。 セローもすごく気に入ってますが、 こっちのCRFのレッドがたまらん... デザインすごく好みです”

“色々言いたい事はありますが割愛して...(笑)でも250なんて高速を走るもんじゃないって偏見ですよね(笑)”

“はやくこれになりたい。”

“CRFはロードで安定してますよね✨林道も問題ありません‼️コースは残念です‼️当たり前ですよね❗車重あと15K軽ければ”

“トレンディエンジェルの斎藤さん?”

“モタードにするかオフ車にするか悩むところ”

“初コメ失礼いたします。 crf のLとMでは、キャスター角度がフレームで変わっていてまたのり味がかわります。”

“ノンア…ちがった”

“窓開けた車に独り言うるさって思われてそう”

“初コメ失礼します。 街乗りでの服装はどのような感じでしょうか? バイク乗る時とバイクなしでの普通の外出とでは服装は同じでしょうか?”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

CRF250Lの最高速度を計算します。バイクの最高速度(km/h)は、

a×60÷b÷c÷d×(e×25.4+f×g/100×2)×3.14÷1,000,000

  • a : 最高出力のエンジン回転数(rpm)
  • b : 1次減速比
  • c : 2次減速比
  • d : トップギアの変速比
  • e : ホイール径(inch)
  • f : タイヤの幅(mm)
  • g : 扁平率(%)

上記の計算式で求められます。

正確には、走行抵抗やライダーの体重を考慮する必要がありますが、本サイトでは、簡易的に計算しています。

上記の計算式で、CRF250Lの最高速度を計算すると、

8500×60÷2.807÷2.857÷0.962×(18×25.4+120×80/100×2)×3.14÷1,000,000 = 135

CRF250Lの理論上の最高速度は、135km/hです。

CRF250Lユーザーの、ネットへの書き込みを調べたところ、「最高速度は130km/h前後だった」――。との書き込みが多かったです。

以上のことから、CRF250Lの最高速度は、130km/h前後だと考えられます。

250ccバイク70車種の最高速度の平均は、141km/hでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

70車種の平均と比べると、CRF250Lの最高速度は、「少し遅い」ことが分かります。

250ccバイクの最高速度としては、すこし物足りないですね。

コメント一覧
No.1
2019/09/16 22:39
無免
免許も持ってないし、バイクに詳しくないんですけど、YouTubeで160km/hくらい出てる動画ありましたよ。下り坂だったりしたのかもしれませんが。海外の動画でした。

CRF250Lの車両重量は143kgです。250ccバイク70車種の車両重量の平均は154kgです。

70車種の平均と比べると、CRF250Lの車重は「少し軽い」ことが分かります。女性の方や、なるべく軽いバイクに乗りたい人におすすめです。

CRF250Lのシート高は875mmです。250ccバイク70車種の平均のシート高は768mmです。

70車種の平均と比べると、CRF250Lのシート高は「ずば抜けて高い」ことが分かります。頻繁に停車する街乗り走行では大変ですね。(´;ω;`)

CRF250Lの最大トルクの回転数は7000rpmです。最大トルクの回転数とは、そのバイクの、最大の、力強い走行性能を発揮する回転数のことです。

250ccバイク70車種の最大トルクの回転数の平均は、7439rpmです。

70車種の平均と比べると、CRF250Lの最大トルクの回転数は、「平均的な」ことが分かります。

CRF250Lのエンジンは、7000rpmで最大の力強さを出力します。

通常、街中を走行するときは、7000rpm前後の低回転を頻繁に使用します。

以上のことから、取り回し性が良く。、足つき性がとても悪く、街乗り走行で十分な力強さを出せるエンジンのCRF250Lは、街乗り走行にそれなりに向いているバイクです。

バイクの使用用途が街乗りメインの人には、おすすめです。

コメント一覧

高速道路の走行で、重要なのは、 以下の3項目です。

  • 高速道路の法定速度は、100km/hなので、高回転なエンジンであること
  • 横風に負けないように、車両重量が重いこと
  • 横風に負けないように、シート高が低いこと

CRF250Lは、先ほど、最大トルクの回転数が、「平均的なエンジン」で、「少し軽い車両重量」、「ずば抜けて高いシート高」だと説明しました。

以上のことから、CRF250Lは、高速道路の走行に、「向いていない」ことが分ります。

このバイクでの高速道路の走行は、とても気合が必要です。(笑)

コメント一覧
No.1
2017/12/03 00:10
通りすがりのバイク乗り
往復1,000kmの高速走行を経験しましたが、無謀でした。そしてクーラントのリザーブがからっぽになっていましたのでその点も注意です。

CRF250Lのカスタムパーツはそれなりにあります。

オンロード仕様に改造するもよし、オフロード仕様に改造するもよし!!

メーカーのコンセプトを完全に無視した改造も楽しいですよ!(°д°)笑

「モリワキ・フルエキゾーストマフラー」の動画です!!

モリワキの「フルエキゾーストマフラー」を装着したCRF250Lの排気音です!!

アイドリング音がヘリコプターみたいですね。笑

CRF250Lは社外マフラーの種類が豊富なのが嬉しいですね。\(^o^)/

【FMFサウンドを聞け聞け 阪下帰りのオフローダー 2015 CRF250L ホンダ・CRF CRF250M CRF250X CRF250R HONDA オフロードレーサー】

“いい音!”

“えー、信号待ちでこんなに撮られるのか、うぇー、”

“顔面がxr?”

“VFX-Wかっこいいなー”

“青のパンツはさすがにセンスないよぉ〜笑”

“画面がユラユラ〜”

“なにコイツ 偉そうやな 服装ダサい”

“good”

“I love your stuff , keep up the brilliant works”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

峠を攻めるには、加速性能ブレーキ性能旋回性能が重要です。1つずつ見ていきます。

|加速性能

加速と減速を頻繁に繰り返す峠道を速く走るには、加速性能が優れていることが絶対条件です。

先程、CRF250Lの加速力は、250ccバイクの中では、「平均的な」ことを説明しました。峠を攻めるのには、加速性能が足りません。

|ブレーキ性能

峠道を攻めるには的確な減速が必要です。そのためには、ブレーキのコントロール性能が重要になります。

バイクのブレーキには、ダブルディスク、シングルディスク、ドラムブレーキがあります。

下の表は、250ccバイクの、前輪、後輪のブレーキの組み合わせです。

番号 前輪後輪コントロール性能
(a)ダブルディスクシングルディスク 良い
(b)シングルディスクシングルディスク 普通
(c)シングルディスクドラム 悪い

コントロール性能が良いブレーキの組み合わせは、

(a) > (b) > (c) の順番になります。

CRF250Lのブレーキの組み合わせは、(b) です。

CRF250Lのブレーキのコントロール性能は、「普通である」ことが分かります。

|旋回性能

急カーブの続く峠道を走行するには、旋回性能が重要になります。ここでは、2つの指標を使って、CRF250Lの旋回性能を調べます。

1.トレール量

トレール量とは、ステアリングヘッドの延長線が地面に当たる点と、タイヤの接地点、この2点の距離です。

トレール量が大きいと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

CRF250Lのトレール量は113mmです。250ccバイク70車種の平均のトレール量は、98mmです。

70車種の平均と比べると、CRF250Lのトレール量は、「少し大きい」ことが分かります。

2.ホイールベース

ホイールベースとは前輪の中心から後輪の中心までの長さです。

ホイールベースが長いと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

CRF250Lのホイールベースは1445mmです。250ccバイク70車種の平均のホイールベースは1425mmです。

70車種の平均と比べると、CRF250Lのホイールベースは、「平均的な」ことが分かります。

少し大きいトレール量平均的なホイールベースを持つCRF250Lの旋回性能は、250ccバイクとしては「普通である」ことが分かります。

以上のことから、CRF250Lの峠走行をまとめると、

  • 加速性能 ⇒ 峠を攻めるのには、加速性能が足りません。
  • ブレーキ性能 ⇒ 普通である
  • 旋回性能 ⇒ 普通である

CRF250Lは、峠走行にそれなりに向いているバイクと言えます。

峠走行もそれなりに楽しむことができるバイクです。

【せんちゃん×Ninja250と丸山浩×CRF250Lで行く!ぶらり旅ツーリング@伊豆 part 2・絶対転ばないライテク開講!峠の楽しい&安全なシフトワークを伝授!】

“見てると直線でしっかり加速、コーナーでしっかり減速するリズムが全然無いような。歌で言うと音程一定の音痴状態。 それとシフトアップもダウンも全然回転が合ってないと思う。 特にブリッピングちゃんとしてますか?”

“カーブ中のシフトダウンって結構運転センスあるんですね。自分はできない。”

“先にシフトダウンの回転合わせを習得してもらったほうがよさそうですね。”

“減速の時に、強めのエンジンブレーキをかけておくと、コーナリング進入時に安定するので、 最低でも一つ下のギアを使っています。 コーナーのRのキツさで2段落とすか、3段落とすかは常に意識して走っています。 なので、コーナー出口でパワーバンドに入ってないなんて事はあまり経験したことが無いです。 減速をスムーズに行うことに意識を持っていくことによって、再加速はそんなに意識したことはないですね。”

“バイク歴もう直ぐ2か月になります。動画参考になります、せんちゃんに負けないように頑張ります。”

“せんちゃんがどこに住まれているのか存じませんが、チャットで無事が確認できたようで一安心です。まだまだ気が抜けないですが。 峠のシフトチェンジは初めのうちはなかなか出来ないですよね。ブリッピングするようになるまでは、シフトダウン時の減速ショックが怖くてする気が起きなかったです! 次はブリッピングの練習動画!だといいなぁ。自分もブリッピングがイマイチ上手くないので。”

“せんちゃん明るくて面白いし、可愛い”

“シフトチェンジの練習は、丸山さんみたいに無駄なシフトの繰り返しにつきると思う シフトダウンはブリッピングが出来ないと二段落しとかグリップの悪い路面だと危険だと思う 後、せんちゃん本人が「なぜそこでギヤ落とす必要があるか、なぜコーナー前で」が分からないと呼吸するようにシフトチェンジ出来ないと思う 自分も初心者の頃、なぜ6速もあるんだと疑問に思い解決すると自然にシフト回数増えました”

“RZ50乗ってると適切なギアじゃないとそもそも動かない (誇張あり”

“丸山先生のライテク講座はホントわかりやすいです!シフトの映像もわかりやすくてありがたいです。 せんちゃんがんばれ!!”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

CRF250Lのエンジンは、「単気筒、4ストローク」です。単気筒エンジンは、部品点数が少なく、構造が簡単なため、メンテナンス時の部品代、工賃が安く済みます。

CRF250Lの最終年式は、2018年です。生産終了後、1年しか経過していないので、良質な中古車が多く出回っています。よほど外れの車両でなければ、購入後の不具合は少なく済むでしょう。

CRF250Lの燃費をネットの書き込みで調べたところ、30km/l前後でした。250ccバイク70車種の燃費の平均は、28km/lでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

70車種の平均と比べると、CRF250Lの燃費は、「平均的な」ことが分かります。

250ccバイクとしては、それなりの燃費ですね。

以上のことからCRF250Lの維持費は、「安い」ことが解ります。

バイク保険のおすすめは?バイク保険の選び方とバイク保険を安くする方法

コメント一覧
総合評価
項目評価
加速性能
最高速度
街乗り走行
高速道路の走行
峠走行
維持費
総合評価 53点

CRF250Lは「オフロード」を本格的に走るには物足りないバイクです。

ただ、コストパフォーマンスは大変良いです!!

普段は通勤や通学で、休日には林道などに出かけて楽しみたいという人はCRF250Lが1台あれば十分に満足出来ると思います。

コメント一覧

最後に・・・

バイク購入は、見た目で決めましょう!!

自分がカッコいいと思ったバイクに乗るのが一番です。他人のバイクを批判する人の意見は無視しましょう。

バイク乗りの「ぶっちゃけご意見」をお聞かせください↓

「アンケートフォーム(バイクって実際どうよ??)」

参考スペック
車種名CRF250L
メーカーホンダ
タイプオフロード
エンジン単気筒(4ストローク)
総排気量(cc)249
ミッションMT
最高出力(ps/rpm)23/8500
最大トルク(kgf・m/rpm)2.2/7000
車両重量(kg)143
タンク容量(L)7.7
シート高(mm)875
トレール量(mm)113
ホイールベース(mm)1445
ブレーキ(前輪)シングルディスク
ブレーキ(後輪)シングルディスク
1次減速比2.807
2次減速比2.857
変速比(6速)0.962
ホイール径(inch)18
タイヤの幅(mm)120
扁平率(%)80
年式2012年5月

Karukuna(かるくな)
--2019年1月2日リリース--

ツーリング前に必ずチェックしたいWEBアプリ!!

バイクをレンタルコンテナに保管する

バイクの保管場所に困っているバイク乗りにおすすめしたいのが、レンタルコンテナでバイクを保管するという選択です。 私自身、現在、愛車のSR400をレンタルコンテナで保管しています。