ライバルは「kawasaki zxr250」、限界まで回せ!! CBR250RR!!

※CBR250RRの画像、募集中です。当サイトにあなたのCBR250RRの画像を載せさせて頂けないでしょうか?
お問い合わせをお待ちしております。

CBR250RRは1990年にホンダが発売した、レーサーレプリカバイクです。発売当時、ホンダのNSR250R、ヤマハのTZR250R 、スズキのRGV250Γなどの2ストレーサーレプリカが全盛期の中、CBR250RRは4ストエンジンながらも、レッドゾーン19000rpm超高回転エンジンを武器に、当時の2ストレーサーレプリカバイクに引けを取らない性能を持っていたことから、一躍人気車となり、『2ダボ』の相性で親しまれている、4スト250ccバイクの名車です!!

現行のバイクでは味わえない、この機械らしさ、バイク乗りは魅了されちゃいますよね?(^o^)

ちなみにCBR250RRと良く比較されるのが、同じ4スト超高回転エンジンのZXR250です。改めてですが、この2車種のスペックを見比べてみます。

シングルディスク
項目 CBR250RR(MC22)ZXR250(ZX250C)
最高出力40ps40ps
最高出力回転数14500rpm15500rpm
最大トルク2.4kgf2.3kgf
最大トルク回転数11500rpm11000rpm
車両重量158kg161kg
ホイールベース13451360
ブレーキ(前輪)ダブルディスクダブルディスク
ブレーキ(後輪)シングルディスク

スペック的には、両者とも、ほぼほぼ同じですね。実際は、どうなんでしょうか?? もし、どちらのバイクも乗ったことのある猛者がいましたら、コメント頂けると嬉しいです(^_^)笑

このページでは、CBR250RRを徹底的に解説します。

目次

※当ページは、簡単にスペックで比較し、筆者の独断と偏見で書かれています。また、バイクはスペックだけで善し悪しを判断することは出来ませんので、参考程度にお読み下さい。

各項目毎にコメント欄がありますので、実際にCBR250RRに乗った事のあるライダー様のコメントをお待ちしております。

バイクの加速性能は、パワーウェイトレシオを指標にすると分かり易いです。

パワーウェイトレシオとは、バイクの車両重量(kg)を最高出力(ps)で割った値です。

つまり、1ps(馬力)が負担する重量を表します。この値が小さいバイクほど、加速性能が良いと考えられます。

CBR250RRの車両重量は158kg、最高出力は40psなので、

158 ÷ 40 = 4

CBR250RRのパワーウェイトレシオは4です。

250ccバイク69車種の平均のパワーウェイトレシオは6.4です。

69車種の平均と比べると、CBR250RRの加速力は、「ずば抜けて速い」ことが分かります。

69車種中では、5番目の加速性能です。

250ccで最高クラスの加速性能を持ったバイクに乗りたい人に、おすすめです。

【フルカウル スポーツタイプ バイク 車種別 加速・最高速動画集】

“時間-メーカー 車種 0:07 -YAMAHA YZF-R125 1:13 -Aprilia RS125 1:58 -CAGIVA MITO125 2:32 -YAMAHA YZF-R25 3:39 -HONDA CBR250R 4:29 -KAWASAKI Ninja250 5:14 -HONDA CBR250RR MC22 5:54 -HONDA CBR250RR MC51 6:43 -YAMAHA FZR250 7:07 -KAWASAKI ZXR250 7:39 -HONDA RVF400 8:07 -HONDA CBR400RR 8:37 -YAMAHA FZR400 9:06 -SUZUKI GSX-R400 9:52 -KAWASAKI ZXR400 10:23 -HONDA NSR250R 11:04 -YAMAHA TZR250 11:42 -SUZUKI RGV250γ 12:03 -Aprilia RS250 12:40 -Triumph DAYTONA675 13:12 -HONDA CBR600RR 14:08 -YAMAHA YZF-R6 2003 15:12 -YAMAHA YZF-R6 2007 16:21 -SUZUKI GSX-R600 k6 17:04 -SUZUKI GSX-R600 k8 18:11 -SUZUKI GSX-R750 19:02 -KAWASAKI ZX-6R 2004 19:49 -KAWASAKI ZX-6R 2009 20:40 -DUCATI 999 21:09 -DUCATI 1098s 21:49 -DUCATI PANIGALE 22:13 -Aprilia RSV4 22:47 -KTM RC8 23:46 -MV Agusta F4 24:32 -BMW S1000RR 25:07 -HONDA CBR1000RR 2005 25:39 -HONDA CBR1000RR 2009 26:18 -HONDA CBR1000RR 2014 26:45 -YAMAHA YZF-R1 2004 27:14 -YAMAHA YZF-R1 2010 27:49 -YAMAHA YZF-R1 2016 28:22 -SUZUKI GSX-R1000 2007 28:51 -SUZUKI GSX-R1000 2010 29:33 -KAWASAKI ZX-10R 2004 30:02 -KAWASAKI ZX-10R 2007 30:35 -KAWASAKI ZX-10R 2008 31:03 -KAWASAKI ZX-10R 2016”

“r125のメーターこんなん別けワケわからん感じなのか”

“Do you have a version of this with no music?”

“俺の場合どんな高性能バイクに乗っても時速120kでメンタルリミッターが起動する。”

“ゲーム大好きなので途中のBGMがBFだったので好評つけさせていただきます(^_^)/”

“アプリリアRS125は4ストですか!”

“私の04、10R 260km/hくらいしか出なかった。 マレーシア仕様のノーマルで空気密度が薄かったからかな。”

“これ見て車乗りは車が速いとかまだ言うかな?加速なら250ccでも速いし100キロまで8~10秒、大型なんか15秒程度で300キロだからなw”

“190マイルって何キロだろ?”

“5速で約300km/h連中はほんとにやばいな またリッターSS乗りたいかも”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

CBR250RRの最高速度を計算します。バイクの最高速度(km/h)は、

a×60÷b÷c÷d×(e×25.4+f×g/100×2)×3.14÷1,000,000

  • a : 最高出力のエンジン回転数(rpm)
  • b : 1次減速比
  • c : 2次減速比
  • d : トップギアの変速比
  • e : ホイール径(inch)
  • f : タイヤの幅(mm)
  • g : 扁平率(%)

上記の計算式で求められます。

正確には、走行抵抗やライダーの体重を考慮する必要がありますが、本サイトでは、簡易的に計算しています。

上記の計算式で、CBR250RRの最高速度を計算すると、

14500×60÷2.966÷3.058÷1.035×(17×25.4+140×60/100×2)×3.14÷1,000,000 = 175

CBR250RRの理論上の最高速度は、175km/hです。

CBR250RRユーザーの、ネットへの書き込みを調べたところ、「最高速度は180km/h前後だった」――。との書き込みが多かったです。

以上のことから、CBR250RRの最高速度は、180km/h前後だと考えられます。

250ccバイク69車種の最高速度の平均は、141km/hでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

69車種の平均と比べると、CBR250RRの最高速度は、「ずば抜けて速い」ことが分かります。

250ccでの最高速トライアルに興味のある方に、おすすめです。(笑)

コメント一覧

CBR250RRの車両重量は158kgです。250ccバイク69車種の車両重量の平均は154kgです。

69車種の平均と比べると、CBR250RRの車重は「平均的な」ことが分かります。400ccと比べて、250ccバイクの車両重量の軽さは、魅力的ですよね。

CBR250RRのシート高は735mmです。250ccバイク69車種の平均のシート高は768mmです。

69車種の平均と比べると、CBR250RRのシート高は「少し低い」ことが分かります。足付き性の良いバイクです。

CBR250RRの最大トルクの回転数は11500rpmです。最大トルクの回転数とは、そのバイクの、最大の、力強い走行性能を発揮する回転数のことです。

250ccバイク69車種の最大トルクの回転数の平均は、7380rpmです。

69車種の平均と比べると、CBR250RRの最大トルクの回転数は、「とても高い」ことが分かります。

CBR250RRのエンジンは、11500rpmで最大の力強さを出力します。

通常、街中を走行するときは、7000rpm前後の低回転を頻繁に使用します。

以上のことから、取り回し性が普通、足つき性が良く、街乗り走行が苦手な高回転を得意とするエンジンのCBR250RRは、街乗り走行にそれなりに向いているバイクです。

バイクの使用用途が街乗りメインの人には、おすすめです。

コメント一覧

高速道路の走行で、重要なのは、 以下の3項目です。

  • 高速道路の法定速度は、100km/hなので、高回転なエンジンであること
  • 横風に負けないように、車両重量が重いこと
  • 横風に負けないように、シート高が低いこと

CBR250RRは、先ほど、最大トルクの回転数が、「とても高いエンジン」で、「平均的な車両重量」、「少し低いシート高」だと説明しました。

以上のことから、CBR250RRは、高速道路の走行に、「向いている」ことが分ります。

バイクで高速道路を頻繁に走行する人に、おすすめです。

コメント一覧

【美女ライダー 美人 CBR250RR HONDA HRC】

“これ見てバイクの免許とったなぁ~ 今では大型までにシフトアップしたよ。ほんま人生変えてくれてありがとな”

“前オーナーがロクダボ風カウルをつけた二ダボを中古で買ったと予想。ここまで自分でいじれるくらいの知識あったらこんなダサい吹かし方しないかな”

“このバイクは顔向けた方向に素直に曲がって気持ちの良いバイクです。現状250ccに4発が無いから仕方なく600cc乗ってますが、いろんな意味でガチすぎて・・・・笑   程度いいタマがあって部品に困らないなら間違いなくこの年代のCBRを選んでいると思います。”

“En Precio Mexicano En Cuento Esta . Saludos”

“有村架純みたい”

“やばい、めっちゃかっこいいこれ販売してほしいくらい”

“フロント見て音聞いて600RRじゃない?って思ったけど違うんやなw”

“ポンポン船かと思ったら、4発だったのね(^o^;”

“250の軽さはいいよね”

“これは・・・お金かかってますね(汗”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

峠を攻めるには、加速性能ブレーキ性能旋回性能が重要です。1つずつ見ていきます。

|加速性能

加速と減速を頻繁に繰り返す峠道を速く走るには、加速性能が優れていることが絶対条件です。

先程、CBR250RRの加速力は、250ccバイクの中では、「ずば抜けて速い」ことを説明しました。峠を攻めるのに、十分な加速性能を持っています。

|ブレーキ性能

峠道を攻めるには的確な減速が必要です。そのためには、ブレーキのコントロール性能が重要になります。

バイクのブレーキには、ダブルディスク、シングルディスク、ドラムブレーキがあります。

下の表は、250ccバイクの、前輪、後輪のブレーキの組み合わせです。

番号 前輪後輪コントロール性能
(a)ダブルディスクシングルディスク 良い
(b)シングルディスクシングルディスク 普通
(c)シングルディスクドラム 悪い

コントロール性能が良いブレーキの組み合わせは、

(a) > (b) > (c) の順番になります。

CBR250RRのブレーキの組み合わせは、(a) です。

CBR250RRのブレーキのコントロール性能は、「良い」ことが分かります。

|旋回性能

急カーブの続く峠道を走行するには、旋回性能が重要になります。ここでは、2つの指標を使って、CBR250RRの旋回性能を調べます。

1.トレール量

トレール量とは、ステアリングヘッドの延長線が地面に当たる点と、タイヤの接地点、この2点の距離です。

トレール量が大きいと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

CBR250RRのトレール量は89mmです。250ccバイク69車種の平均のトレール量は、99mmです。

69車種の平均と比べると、CBR250RRのトレール量は、「少し小さい」ことが分かります。

2.ホイールベース

ホイールベースとは前輪の中心から後輪の中心までの長さです。

ホイールベースが長いと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

CBR250RRのホイールベースは1345mmです。250ccバイク69車種の平均のホイールベースは1426mmです。

69車種の平均と比べると、CBR250RRのホイールベースは、「とても短い」ことが分かります。

少し小さいトレール量とても短いホイールベースを持つCBR250RRの旋回性能は、250ccバイクとしては「良い」ことが分かります。

以上のことから、CBR250RRの峠走行をまとめると、

  • 加速性能 ⇒ 峠を攻めるのに、十分な加速性能を持っています。
  • ブレーキ性能 ⇒ 良い
  • 旋回性能 ⇒ 良い

CBR250RRは、峠走行に最適なバイクと言えます。

250ccバイクで、峠を攻めたい人にはピッタリなバイクです。

【Winding Riders CBR250RR(下り) 車載 オンボード 種松山-97 BGMなし 走り屋 峠】

“撮影車はNSRですか? もしくは2st?”

“動きが綺麗 実際のスピードは結構速いんだろうけど 動きが安定してムダがないせいか 不思議とゆっくりに見える。”

“凄い”

“ほぼほぼ3速(笑)50㎞出てねーな(笑)”

“うおすげえな”

“コースを相当熟知してないとこの走りは無理でしょうね、、それにしてもすげぇの一言。やっぱバイクは排気量じゃないって改めて思いました。リアルバリ伝ですね。平均的にスピードどれくらい出てるんですか?”

“久々に峠に走りにいこうかねぇ”

“かっけー!!! 久々に胸が熱くなる動画を見たよ!! 実際オイラもNC30やらNSRやRGV Γで攻めていた思い出が甦ったよ!! なんか忘れてた何かを思い出した感じだ!! ありがとう!!”

“バイク版の藤原拓海やな(イニD)”

“かっこいい 楽しそう そりゃ規制されるだろうな 良くも悪くも日本だもん”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

CBR250RRのエンジンは、「4気筒、4ストローク」です。4気筒エンジンは、部品手数が多く、構造が複雑なため、メンテナンス時の部品代、工賃が高くなります。

CBR250RRの最終年式は、2000年です。生産終了後、17年も経過しています。もはや、旧車の部類に入るでしょう。購入後、間違いなく、不具合が多発するでしょう。バイクの整備は自分でやる(やりたい)、ちょっとした不具合なら治せる(治したい)、人以外にはお勧め出来ないです。

CBR250RRの燃費をネットの書き込みで調べたところ、20km/l前後でした。250ccバイク69車種の燃費の平均は、28km/lでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

69車種の平均と比べると、CBR250RRの燃費は、「少し悪い」ことが分かります。

250ccバイクとしては、それなりの燃費ですね。

以上のことからCBR250RRの維持費は、「高い」ことが解ります。

コメント一覧
総合評価
項目評価
加速性能
最高速度
街乗り走行
高速道路の走行
峠走行
維持費
総合評価 73点
コメント一覧

最後に・・・

バイク購入は、見た目で決めましょう!!

自分がカッコいいと思ったバイクに乗るのが一番です。他人のバイクを批判する人の意見は無視しましょう。

参考スペック
車種名CBR250RR
メーカーホンダ
タイプフルカウル
エンジン4気筒(4ストローク)
総排気量(cc)249
ミッションMT
最高出力(ps/rpm)40/14500
最大トルク(kgf・m/rpm)2.4/11500
車両重量(kg)158
タンク容量(L)13
シート高(mm)735
トレール量(mm)89
ホイールベース(mm)1345
ブレーキ(前輪)ダブルディスク
ブレーキ(後輪)シングルディスク
1次減速比2.966
2次減速比3.058
変速比(6速)1.035
ホイール径(inch)17
タイヤの幅(mm)140
扁平率(%)60
年式1994年6月