最終更新日:

ライバルは「kawasaki zxr250」、限界まで回せ!! CBR250RR!!

※今回写真をご提供して頂いたのはAKIAKANE(マッキチ)スピード狂のHENTAI宇宙人様です。心より感謝致します。

CBR250RRは1990年にホンダが発売した、レーサーレプリカバイクです。発売当時、ホンダのNSR250R、ヤマハのTZR250R 、スズキのRGV250Γなどの2ストレーサーレプリカが全盛期の中、CBR250RRは4ストエンジンながらも、レッドゾーン19000rpm超高回転エンジンを武器に、当時の2ストレーサーレプリカバイクに引けを取らない性能を持っていたことから、一躍人気車となり、『2ダボ』の相性で親しまれている、4スト250ccバイクの名車です!!

現行のバイクでは味わえない、この機械らしさ、バイク乗りは魅了されちゃいますよね?(^o^)

ちなみにCBR250RRと良く比較されるのが、同じ4スト超高回転エンジンのZXR250です。改めてですが、この2車種のスペックを見比べてみます。

シングルディスク
項目 CBR250RR(MC22)ZXR250(ZX250C)
最高出力40ps40ps
最高出力回転数14500rpm15500rpm
最大トルク2.4kgf2.3kgf
最大トルク回転数11500rpm11000rpm
車両重量158kg161kg
ホイールベース13451360
ブレーキ(前輪)ダブルディスクダブルディスク
ブレーキ(後輪)シングルディスク

スペック的には、両者とも、ほぼほぼ同じですね。実際は、どうなんでしょうか?? もし、どちらのバイクも乗ったことのある猛者がいましたら、コメント頂けると嬉しいです(^_^)笑

このページでは、CBR250RRを徹底的に解説します。

目次

※当ページは、簡単にスペックで比較し、筆者の独断と偏見で書かれています。また、バイクはスペックだけで善し悪しを判断することは出来ませんので、参考程度にお読み下さい。

各項目毎にコメント欄がありますので、実際にCBR250RRに乗った事のあるライダー様のコメントをお待ちしております。

バイクの加速性能は、パワーウェイトレシオを指標にすると分かり易いです。

パワーウェイトレシオとは、バイクの車両重量(kg)を最高出力(ps)で割った値です。

つまり、1ps(馬力)が負担する重量を表します。この値が小さいバイクほど、加速性能が良いと考えられます。

CBR250RRの車両重量は158kg、最高出力は40psなので、

158 ÷ 40 = 4

CBR250RRのパワーウェイトレシオは4です。

250ccバイク70車種の平均のパワーウェイトレシオは6.3です。

70車種の平均と比べると、CBR250RRの加速力は、「とても速い」ことが分かります。

70車種中では、6番目の加速性能です。

加速力の速い250ccバイクに乗りたい人に、おすすめです。

【'91 CBR250RR トンネル 加速音 マフラー音 exhaust sound】

“たまらん!”

“コメント欄で揉めるの辞めて貰っていいですかー!!! 揉めるぐらいなら拡散しろKS”

“最高過ぎるw”

“if you hear that behind you - RUN”

“勃起不可避”

“直管ですか?”

“結構単気筒や2気筒をディスる人いるけど、あれもあれでいいところ沢山あると思うけどなー。僕は単気筒乗りです。”

“わし高校生で2ダボとmbx50乗っとるけど常に金欠状態やな~(´-ω-`)”

“やば‼︎かっこよすぎ”

“2倍速にしたらまじでF1”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

CBR250RRの最高速度を計算します。バイクの最高速度(km/h)は、

a×60÷b÷c÷d×(e×25.4+f×g/100×2)×3.14÷1,000,000

  • a : 最高出力のエンジン回転数(rpm)
  • b : 1次減速比
  • c : 2次減速比
  • d : トップギアの変速比
  • e : ホイール径(inch)
  • f : タイヤの幅(mm)
  • g : 扁平率(%)

上記の計算式で求められます。

正確には、走行抵抗やライダーの体重を考慮する必要がありますが、本サイトでは、簡易的に計算しています。

上記の計算式で、CBR250RRの最高速度を計算すると、

14500×60÷2.966÷3.058÷1.035×(17×25.4+140×60/100×2)×3.14÷1,000,000 = 175

CBR250RRの理論上の最高速度は、175km/hです。

CBR250RRユーザーの、ネットへの書き込みを調べたところ、「最高速度は180km/h前後だった」――。との書き込みが多かったです。

以上のことから、CBR250RRの最高速度は、180km/h前後だと考えられます。

250ccバイク70車種の最高速度の平均は、141km/hでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

70車種の平均と比べると、CBR250RRの最高速度は、「ずば抜けて速い」ことが分かります。

250ccでの最高速トライアルに興味のある方に、おすすめです。(笑)

コメント一覧

CBR250RRの車両重量は158kgです。250ccバイク70車種の車両重量の平均は154kgです。

70車種の平均と比べると、CBR250RRの車重は「平均的な」ことが分かります。400ccと比べて、250ccバイクの車両重量の軽さは、魅力的ですよね。

CBR250RRのシート高は735mmです。250ccバイク70車種の平均のシート高は768mmです。

70車種の平均と比べると、CBR250RRのシート高は「少し低い」ことが分かります。足付き性の良いバイクです。

CBR250RRの最大トルクの回転数は11500rpmです。最大トルクの回転数とは、そのバイクの、最大の、力強い走行性能を発揮する回転数のことです。

250ccバイク70車種の最大トルクの回転数の平均は、7439rpmです。

70車種の平均と比べると、CBR250RRの最大トルクの回転数は、「とても高い」ことが分かります。

CBR250RRのエンジンは、11500rpmで最大の力強さを出力します。

通常、街中を走行するときは、7000rpm前後の低回転を頻繁に使用します。

以上のことから、取り回し性が普通、足つき性が良く、街乗り走行が苦手な高回転を得意とするエンジンのCBR250RRは、街乗り走行にそれなりに向いているバイクです。

バイクの使用用途が街乗りメインの人には、おすすめです。

コメント一覧

高速道路の走行で、重要なのは、 以下の3項目です。

  • 高速道路の法定速度は、100km/hなので、高回転なエンジンであること
  • 横風に負けないように、車両重量が重いこと
  • 横風に負けないように、シート高が低いこと

CBR250RRは、先ほど、最大トルクの回転数が、「とても高いエンジン」で、「平均的な車両重量」、「少し低いシート高」だと説明しました。

以上のことから、CBR250RRは、高速道路の走行に、「向いている」ことが分ります。

バイクで高速道路を頻繁に走行する人に、おすすめです。

コメント一覧

【美女ライダー 美人 CBR250RR HONDA HRC】

“カッコいいな”

“これ見てバイクの免許とったなぁ~ 今では大型までにシフトアップしたよ。ほんま人生変えてくれてありがとな”

“前オーナーがロクダボ風カウルをつけた二ダボを中古で買ったと予想。ここまで自分でいじれるくらいの知識あったらこんなダサい吹かし方しないかな”

“このバイクは顔向けた方向に素直に曲がって気持ちの良いバイクです。現状250ccに4発が無いから仕方なく600cc乗ってますが、いろんな意味でガチすぎて・・・・笑   程度いいタマがあって部品に困らないなら間違いなくこの年代のCBRを選んでいると思います。”

“En Precio Mexicano En Cuento Esta . Saludos”

“有村架純みたい”

“やばい、めっちゃかっこいいこれ販売してほしいくらい”

“フロント見て音聞いて600RRじゃない?って思ったけど違うんやなw”

“ポンポン船かと思ったら、4発だったのね(^o^;”

“250の軽さはいいよね”

出典: https://www.youtube.com/

CBR250RRの「カスタムパーツ人気商品ランキング」はこちら

コメント一覧

峠を攻めるには、加速性能ブレーキ性能旋回性能が重要です。1つずつ見ていきます。

|加速性能

加速と減速を頻繁に繰り返す峠道を速く走るには、加速性能が優れていることが絶対条件です。

先程、CBR250RRの加速力は、250ccバイクの中では、「とても速い」ことを説明しました。峠を攻めるのに、十分な加速性能を持っています。

|ブレーキ性能

峠道を攻めるには的確な減速が必要です。そのためには、ブレーキのコントロール性能が重要になります。

バイクのブレーキには、ダブルディスク、シングルディスク、ドラムブレーキがあります。

下の表は、250ccバイクの、前輪、後輪のブレーキの組み合わせです。

番号 前輪後輪コントロール性能
(a)ダブルディスクシングルディスク 良い
(b)シングルディスクシングルディスク 普通
(c)シングルディスクドラム 悪い

コントロール性能が良いブレーキの組み合わせは、

(a) > (b) > (c) の順番になります。

CBR250RRのブレーキの組み合わせは、(a) です。

CBR250RRのブレーキのコントロール性能は、「良い」ことが分かります。

|旋回性能

急カーブの続く峠道を走行するには、旋回性能が重要になります。ここでは、2つの指標を使って、CBR250RRの旋回性能を調べます。

1.トレール量

トレール量とは、ステアリングヘッドの延長線が地面に当たる点と、タイヤの接地点、この2点の距離です。

トレール量が大きいと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

CBR250RRのトレール量は89mmです。250ccバイク70車種の平均のトレール量は、98mmです。

70車種の平均と比べると、CBR250RRのトレール量は、「少し小さい」ことが分かります。

2.ホイールベース

ホイールベースとは前輪の中心から後輪の中心までの長さです。

ホイールベースが長いと直進安定性能が、小さいと旋回性能が良くなります。

CBR250RRのホイールベースは1345mmです。250ccバイク70車種の平均のホイールベースは1425mmです。

70車種の平均と比べると、CBR250RRのホイールベースは、「とても短い」ことが分かります。

少し小さいトレール量とても短いホイールベースを持つCBR250RRの旋回性能は、250ccバイクとしては「良い」ことが分かります。

以上のことから、CBR250RRの峠走行をまとめると、

  • 加速性能 ⇒ 峠を攻めるのに、十分な加速性能を持っています。
  • ブレーキ性能 ⇒ 良い
  • 旋回性能 ⇒ 良い

CBR250RRは、峠走行に最適なバイクと言えます。

250ccバイクで、峠を攻めたい人にはピッタリなバイクです。

【Winding Riders CBR250RR(下り) 車載 オンボード 種松山-97 BGMなし 走り屋 峠】

“暴走族もこの刺激に目覚めたら即引退やろなぁ。3段シートとかロケットカウルを縦にして空力抵抗を増やしたり、ターボバイクなら納得だけどNAでマフラーぶった切ってデチューンしてないで、峠で死と隣合わせの刺激がいいのに。”

“よく2輪乗ってた親父が息子とかに自慢気に話すが本当に昔の人は本気で走ってたんだなって動画見てよくわかります”

“だめだ!飛んでやがる。(褒め言葉) なんとかにつけるクスリは無い訳だなww”

“アッパレ☺️”

“やっぱりこのレベルでも右と左でフォームが違うもんなんだね 明らかに左の方が得意げ どうしてかなー 教えて詳しい人”

“この時代 バイクにカメラ積むなんて すごいな”

“こう言った凄いライダーの方達って今何してるんですかね? 自分は車で走ってますが、車でも当時の車 当時のタイヤであれだけ速いって凄いなと思います…”

“コース知ってるな”

“ダサいし下手クソ ゴミだなwwwwwwww”

“さすが走り慣れた道! やっぱ、地元には敵わないんだろなww 当時、地元NO1になってやるとか思ってたけど、先輩には敵わなかったよ”

出典: https://www.youtube.com/
コメント一覧

CBR250RRのエンジンは、「4気筒、4ストローク」です。4気筒エンジンは、部品手数が多く、構造が複雑なため、メンテナンス時の部品代、工賃が高くなります。

CBR250RRの最終年式は、2000年です。生産終了後、18年も経過しています。もはや、旧車の部類に入るでしょう。購入後、間違いなく、不具合が多発するでしょう。バイクの整備は自分でやる(やりたい)、ちょっとした不具合なら治せる(治したい)、人以外にはお勧め出来ないです。

CBR250RRの燃費をネットの書き込みで調べたところ、20km/l前後でした。250ccバイク70車種の燃費の平均は、28km/lでした。
(※ネットの書き込みを調べて平均した、ざっくりな値です。)

70車種の平均と比べると、CBR250RRの燃費は、「少し悪い」ことが分かります。

250ccバイクとしては、それなりの燃費ですね。

以上のことからCBR250RRの維持費は、「高い」ことが解ります。

バイク保険のおすすめは?バイク保険の選び方とバイク保険を安くする方法

コメント一覧
総合評価
項目評価
加速性能
最高速度
街乗り走行
高速道路の走行
峠走行
維持費
総合評価 72点
コメント一覧

最後に・・・

バイク購入は、見た目で決めましょう!!

自分がカッコいいと思ったバイクに乗るのが一番です。他人のバイクを批判する人の意見は無視しましょう。

バイク乗りの「ぶっちゃけご意見」をお聞かせください↓

「アンケートフォーム(バイクって実際どうよ??)」

参考スペック
車種名CBR250RR
メーカーホンダ
タイプフルカウル
エンジン4気筒(4ストローク)
総排気量(cc)249
ミッションMT
最高出力(ps/rpm)40/14500
最大トルク(kgf・m/rpm)2.4/11500
車両重量(kg)158
タンク容量(L)13
シート高(mm)735
トレール量(mm)89
ホイールベース(mm)1345
ブレーキ(前輪)ダブルディスク
ブレーキ(後輪)シングルディスク
1次減速比2.966
2次減速比3.058
変速比(6速)1.035
ホイール径(inch)17
タイヤの幅(mm)140
扁平率(%)60
年式1994年6月

バイクをレンタルコンテナに保管する

バイクの保管場所に困っているバイク乗りにおすすめしたいのが、レンタルコンテナでバイクを保管するという選択です。 私自身、現在、愛車のSR400をレンタルコンテナで保管しています。